カテゴリ: サッカー

    1 :Egg ★:2018/10/24(水) 18:02:25.94 ID:CAP_USER9.net
     ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に移籍した、豪州のメルボルン・ビクトリー(メルボルンV)の元日本代表の本田圭佑(32)が10月20日、豪州Aリーグの開幕戦に先発出場し、頭で先制点を決めた。試合は1対2で負けたが、本田は攻守に活躍した。豪州在住で現地のスポーツ事情に詳しい、ライターの植松久隆さんは、Aリーグのレベルについてこう評する。

    「早速、主将マークを腕に巻いている姿に驚きました。Aリーグは優勝チームで日本のJ1中位レベル。過去にも有名選手が参加していますが、今シーズンは本田が一番の大物です。この試合も攻撃の中心でした」

     本田はオーバーエイジ(OA)枠(24歳以上の選手)での東京五輪出場を宣言。カンボジア代表の“実質”監督や、米国の人気俳優ウィル・スミスとの投資ファンドの立ち上げなど、世間を驚かせた。3足のわらじをはく本田に対し、サッカーファンからは「サッカーに集中しろ」「ビジネス臭が強い」と批判の声が出ていたが、サッカージャーナリストの六川亨さんは、本田に期待を寄せる。

    「彼はそういうことをプラスに変えていくと思います。日本ではアスリートにその道一筋であることを求めがちですが、注目を浴びれば、豪州やカンボジアのサッカー人気を高めますし、アジア戦略に取り組むJリーグや日本サッカー界にとってもよいことです」

     だが、東京五輪への出場については、六川さんも厳しいと判断する。

    「攻撃的な選手が多く、OA枠だと香川、武藤、乾といったW杯組や、先日のウルグアイ戦で活躍した南野や中島もいますし、20歳の堂安もいます。ボランチをやるにしても、年齢に伴いスピードがないのは致命的。五輪は18人と登録人数が少なく、最大3人のOA枠を使うとしても、1枠は弱点であるゴールキーパーで間違いないでしょう。残り2枠に果たして本田の入る余地があるのか」

     本田はこれまで何度も厳しい声にさらされてきたが、W杯で3大会連続ゴールを決めるなど大舞台で結果を出してきた。豪州でも結果を残し、東京五輪出場への糸口をつかめるか。(本誌・大塚淳史)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00000049-sasahi-socc

    【<本田圭佑>東京五輪出場はさすがに厳しい?「ボランチをやるにしても、年齢に伴いスピードがないのは致命的」】の続きを読む

    1 :久太郎 ★:2018/10/24(水) 18:05:50.34 ID:CAP_USER9.net
    ユベントスFWロナウドは23日に古巣対決となった欧州CL1次リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で、ピッチに侵入してきたファンの1人とセルフィーを撮ったと、24日に英紙サン電子版が報じた。

    マンUを退団してから2度目のオールドトラッフォードでの試合。ロナウドを間近で見ようと、ファンの1人は同選手のもとへ走ったところ、追いかけてきた警備員にタックルをされたが、セルフィーを撮ることには成功したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00371476-nksports-socc

    画像




    【珍客、警備員かわし憧れCロナとセルフィー撮影成功 UEFA-CL】の続きを読む

    1 :朝一から閉店までφ ★:2018/10/24(水) 17:18:11.65 ID:CAP_USER9.net
    2018年10月24日16時46分スポーツ報知
     お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之(47)が12月22、23日の両日、大阪府堺市の「J―GREEN堺」で、
    小学生を対象にしたサッカー大会「やべっちカップ」を開催する。24日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。

     小学4年からサッカーを始め、相方の岡村隆史(48)とも高校のサッカー部で先輩・後輩として知り合った矢部は、テレビ朝日系のサッカー番組「やべっちFC」で司会を務めるなど、
    芸能界屈指のサッカー好き。次代を担う子供たちが成長するようなサッカー大会を開きたいという、かねてからの思いが実現する運びとなった。
    https://hochi.news/amp/entertainment/20181024-OHT1T50118.html

    【【芸能】 ナイナイ矢部が大阪で小学生サッカー大会「やべっちカップ」主催 12月22、23日に 2018/10/24】の続きを読む

    1 :shake it off ★:2018/10/24(水) 15:10:45.64 ID:CAP_USER9.net
    24日にアトレティコ・マドリーとの決戦を控えるドルトムントだが、香川真司の先発出場の可能性は低そうだ。

    チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、アトレティコと対戦するドルトムント。それぞれ開幕2連勝で勝ち点6を稼ぐ同士、グループAを占う注目の一戦となる。しかし、香川が先発で出場する可能性は低いのかもしれない。UEFA公式、ブンデスリーガ公式の先発予想に、日本人選手の名前はなかった。

    UEFAは4-2-3-1を予想。香川が主戦場とする2列目には、クリスチャン・プリシッチ、マルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョが入るとし、1トップは絶好調のパコ・アルカセルではなく、マキシミリアン・フィリップを予想している。

    一方ブンデスリーガ公式も、前線は同じ予想。CBはエメル・トプラクとダン=アクセル・ザカドゥが組むとしている。

    開幕以降11試合無敗、9勝2分と絶好調のドルトムント。ルシアン・ファーブル監督のもと、ロイスがトップ下を務め、11試合で7ゴール7アシストと大爆発中。最適解を見つけつつある。

    足首の負傷でここ4試合はベンチ外となっていた香川。すでにトレーニングには復帰しており、欧州最高峰の舞台でアピールしたいところだったが、出場時間は限定的なものとなりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000009-goal-socc

    【 苦境続く香川真司…UEFA、ブンデス公式ともにアトレティコ戦の先発予想に名前なし】の続きを読む

    1 :shake it off ★:2018/10/24(水) 15:06:59.25 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1湘南ベルマーレの本拠地「湘南スタジアム」構想をめぐり、茅ヶ崎商工会議所をはじめとする地元経済界が誘致に向け動き始めたというニュースが報じられました。茅ヶ崎市のコミュニティホールでは先月21日、「湘南スタジアム茅ケ崎誘致シンポジウム」が開催され、誘致を求める請願の署名活動もはじまるなど盛り上がりを見せています。
    一方で現在の本拠地であるShonan BMWスタジアム平塚を有する平塚市の経済界も新スタジアムの誘致に名乗りを挙げており、茅ヶ崎と平塚両自治体の誘致活動に注目が集まっています。(文=VictorySportsNews編集部)

    クラブとスタジアムの経営一体化の波

    「今後Jリーグのクラブのスタジアムをどうしていくかは、ベルマーレだけではなく、J リーグ全体の課題でしょうね」

    横浜DeNAベイスターズ初代球団社長で絶対不可能といわれていた横浜スタジアムとの一体経営を実現した池田純氏は、誕生から25年を迎えたいま、「Jリーグには“経営的な構造改革”がより一層求められている」と言います。

    「ベルマーレの本拠地がどこになるのかも大切ですが、それ以上に考えなければいけないのが、“クラブとスタジアムの一体経営化”の波です。スタジアムという場所を最大活用して、フランチャイズ、ホームタウンとの接点を強め、クラブが主体的に収入を得ていく方法を探る。Jリーグは経営のネクストステージの波を見据えるべき段階にきていると思います。野球界では数年前から球団と球場の一体経営を進めたことで、野球人気が高まり、一気に独立健全経営の機運が進みました。Jリーグも、世界レベルの選手の獲得や、より一層の人気獲得、その大前提となるクラブ経営の健全経営化などを考えると、一気に経営の構造改革が進んでいくことが期待されているでしょう」

    池田氏は自身のプロ野球球団の経営経験を引き合いに、クラブとスタジアムの経営一体化の重要性をこう指摘します。

    「公表されているJクラブの収支構造を見てみると、スポンサーからの広告料収入の割合がかなり高くなっていると私は考えます。入場料収入とグッズ収入の合計でスポンサー収入に並ぶことができたのは、Jリーグで最も収入規模の大きい浦和レッズぐらい。2017年度の営業収入は、10年ぶりのACL優勝効果もあってJリーグ史上最高額の79億7100万円でした(※)」
    (※浦和レッズ 2017年度の収入の内訳:
     ・スポンサー収入:31億9300万円
     ・入場料収入:23億3700万円
     ・グッズ収入:8億1300万円
     ・その他収入:16億2800万円)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00010000-victory-socc&p=3

    全文はこちら↑

    【 Jリーグに押し寄せる“クラブとスタジアムの一体経営化”の波 元ベイスターズ社長が語る経営構造改革】の続きを読む

    このページのトップヘ