カテゴリ: サッカー

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 13:46:59.95 ID:CAP_USER9.net
    11月シリーズ終了後の日本代表「最新序列」

    ・GKは一貫して3選手を招集、シュミットはアピール次第で大会中に序列を覆す可能性も

    森保一監督率いる日本代表は20日の国際親善試合キルギス戦で4-0と快勝し、年内ラストマッチを終えた。

    来年1月にUAEで開催されるアジアカップに向けて、代表での最終テストを終えた形だが、新体制5試合を終えた時点での“最新序列”とともに、アジアカップの招集メンバー23人も予想。

    “滑り込み選出”が予想されるポジションはどこなのか。GK、左右のサイドバック、センターバック(CB)、ボランチ、左右のサイドハーフ、トップ下、1トップに分けて、それぞれの最新序列とアジアカップ当落予想を探る。

    【森保ジャパン・試合結果】

    9月11日 コスタリカ戦 ○3-0(得点者:OG、南野、伊東)

    10月12日 パナマ戦 ○3-0(得点者:南野、伊東、OG)

    10月16日 ウルグアイ戦 ○4-3(得点者:南野2、大迫、堂安)

    11月16日 ベネズエラ戦 △1-1(得点者:酒井)

    11月20日 キルギス戦 ○4-0(得点者:山中、原口、大迫、中島)

    【序列&アイコン】
    序列=上から高い順
    ◎=メンバー入り濃厚
    ○=当落線上
    △=現状ではメンバー入り困難

    ■GK(予想:3枠)
    ◎ 東口順昭(G大阪)
    ◎ 権田修一(鳥栖)
    ◎ シュミット・ダニエル(仙台)

     新体制発足時から一貫しているのが最後尾だ。東口、権田、シュミットの三人は毎回招集され、東口と権田が2試合ずつ、シュミットが1試合に起用されている。GK陣最年長の東口がやや抜け出している印象だが、権田と明確な差は見られない。シュミットもアピール次第では大会中に序列を覆す可能性を秘めている。


    ・気がかりな長友の状態、メンバー選考に影響も 11月シリーズで固まったエリアも

    左SB(予想:2枠)
    〇 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    ◎ 佐々木翔(広島)
    —————当落線—————
    〇 山中亮輔(横浜FM)
    △ 車屋紳太郎(川崎)

     気胸の影響で11月シリーズ未招集となった長友次第か。万全のコンディションであれば不動の存在だが、プレーできない現状を考えると大会招集は不透明。戦線復帰後にどの程度プレーできるかで、メンバー選考にも影響を及ぼしそうだ。キルギス戦の開始2分に代表最速デビュー弾を叩き込んだ山中が、高い攻撃性能とキック精度を武器に名乗りを上げている。コンスタントに招集されている佐々木はメンバー入り濃厚となっている一方、山中の台頭で車屋は後手を踏んでいる印象だ。

    ■右SB(予想:2枠)
    ◎ 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    ◎ 室屋 成(FC東京)

     序列が明確なポジションの一つで、酒井がスタメン、室屋がバックアッパーという構図だ。選手層の薄さは懸念だが、初陣ではボランチを主戦場とする守田がユーティリティ性を買われ、このポジションで起用された。有事の際には遠藤も対応可能。酒井と室屋によほどのことがない限り、そのまま選出されるだろう。

    ■CB(予想:4枠)
    ◎ 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    ◎ 槙野智章(浦和)
    ◎ 三浦弦太(G大阪)
    ◎ 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    —————当落線—————
    △ 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)

     11月シリーズを通じて人選が固まったポジションだ。もともと森保監督は吉田と槙野に信頼を寄せており、三浦の能力も高く評価。その一方で、特大のポテンシャルを秘める冨安を新体制2戦目のパナマ戦で19歳ながら先発に抜擢。代表デビューを飾った若武者は11月16日のベネズエラ戦でもフル出場を果たし、一定の安定感を保った。

    試合中に右膝を打撲した影響で合宿離脱を余儀なくされたが、大会には十分間に合いそうだ。直近のキルギス戦で緊急交代した槙野は、味方との接触プレーによる脳震とうと診断され、幸いにも大事には至らなかった。

    つづく

    11/21(水) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://www.football-zone.net/archives/149226

    【<日本代表の最新序列に見る「アジア杯23人当落予想」>評価急上昇で“滑り込み選出”は?】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 12:59:29.04 ID:CAP_USER9.net
    ルノー、日産自動車、三菱自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕は、日産が7割の株式を持つ横浜マリノス株式会社へ影響は出ないのか。多角的なリサーチを続ける佃モビリティ総研の佃義夫代表(70)に話を聞いた。

    Jリーグは、運営会社の株式の51%以上を国内企業が持つことを規約で定めている。仮にルノーが日産を吸収合併すれば、フランスの企業となり、規約に抵触するが、ルノーがJ1横浜の運営用に日本法人を立ち上げれば、規約はクリアできる。

    一方で、ルノーが日本の国内リーグに価値を見いだすかは未知数で、クラブの経営や強化に影響が出かねない。佃氏は「フランスもサッカーが盛ん。仮定の話だが、合併となっても横浜ブランドを大切にしている日産を、ルノーがそこまで追い詰めるとは考えにくい」としている。

    11/21(水) 9:48配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00398361-nksports-socc

    【<カルロス・ゴーン容疑者の逮捕>ルノー、日産吸収合併でも横浜マリノスは存続が濃厚!】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 06:25:07.22 ID:CAP_USER9.net
    U-17女子ワールドカップに参戦中のU-17女子日本代表(リトルなでしこ)は現地時間の11月20日、グループリーグ第3節・メキシコ戦に臨み、1-1のドロー決着となったもののグループリーグ首位で決勝トーナメント進出を決めた。
     
     2大会ぶりの優勝を目指す日本は、立ち上がりからメキシコの激しいプレスに苦しみ、思うようにパスがつながらない。しかし迎えた40分に、敵陣で奪ったボールを右サイドから木下桃香がスピードに乗ったドリブルでペナルティエリア手前中央まで単独で運び、左足を一閃。メキシコの不意を衝くシュートが決まり、貴重な先制点を奪う。前半は、日本がこのまま1点リードで折り返した。
     
     先手を奪った日本だったが、後半に入り攻勢を強めてきたメキシコに隙を突かれ、63分に失点。試合を振り出しに戻されると、その後は勝ち越しゴールを挙げられず、このまま試合終了。
     
     グループBの日本は1勝2分けの勝点5でメキシコと並ぶも、得失点差で上回り、グループリーグを首位通過。6大会連続での決勝トーナメント進出となった日本は24日、1回戦でグループA2位と対戦する。

    11/21(水) 4:53 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181121-00050522-sdigestw-socc

    【<U-17女子W杯>日本、メキシコに1-1ドローもGL首位で決勝T進出!2大会ぶりの優勝へ、一歩前進!】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 06:14:45.82 ID:CAP_USER9.net
    ゴールを決めたはずなのに、なぜか歯切れが悪かった。年内最後の国際親善試合を4-0の快勝で飾った直後の、豊田スタジアム内の取材エリア。ベンチへ下がるまでの72分間で手にした収穫を問われたMF原口元気(ハノーファー96)は、ちょっとした沈黙を挟みながら言葉を絞り出した。

    「まあ……難しいですけどね。相手が相手……難しいですね」

     キルギス代表と対峙した20日のキリンチャレンジカップ2018。開始2分に飛び出した代表デビューのDF山中亮輔(横浜F・マリノス)のゴールでリードして迎えた前半19分には、原口の果敢なドリブル突破からファウルを獲得。ペナルティーエリアの左角のあたりから自ら直接フリーキックを蹴り、ゴールネットを揺らした。

     6月のワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1回戦、対ベルギー代表以来となるA代表通算8ゴール目は、日本代表にとっても特別な意味をもつ一発だった。

     直接フリーキックから生まれたゴールは、ザックジャパン時代の2013年9月6日に行われたグアテマラ代表との国際親善試合で、MF遠藤保仁(ガンバ大阪)が決めた一撃にまでさかのぼらなければ見つからない。しかし、約5年2ヵ月にも及んだ空白の期間を埋めても、原口は自虐的な言葉で周囲を笑わせた。

    「いやぁ、(直接フリーキックからのゴールには)カウントしないでほしいですね。思い通りに蹴れたわけじゃないし、決めたと言っていいのかどうかもわからないので」

     確かにコースは甘かった。しかし、目の前でバウンドしたボールの処理をキルギス代表のGKバベル・マティアシュが誤り、ファンブルした末にゴール内にそらすミスを犯してしまう。195cm、88kgと恵まれたサイズを誇るキルギスの守護神は、実は所属クラブなしの状態で来日していた。

     後半開始とともに投入されたMFアフリディン・イスライロフも所属クラブなし。ピッチには立たなかったものの、無所属の選手がベンチにもう一人いた。公式記録上におけるシュートはわずか1本。前半終了間際に放ったそれは、ゴールの枠をとらえることはできなかった。

     最新のFIFAランキングを見れば日本の50位に対して、初めて顔を合わせるキルギスは90位。数字以上に実力が乖離していた中央アジアの小国と、あえて年内最後の相手としてマッチメークした背景には、来年1月にUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるアジアカップ対策がある。

    「キルギスはアジアでの戦いを想定した試合ができるかな、と思っています」

     11月シリーズに臨む代表メンバーを発表した今月7日に、森保一監督はキルギス戦の狙いをこう説明していた。

    つづく

    11/21(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010000-wordleafs-socc&p=1

    【<森保Jの最弱キルギス戦圧勝に何の意義があったのか?>】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 06:19:38.99 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が、解任後に田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして日本サッカー協会を提訴した訴訟について20日、非公開での話し合いが東京地裁で行われ、裁判所側は和解を推奨した。

     ハリル氏は協会に慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求めたが会見は名誉毀損(きそん)に該当しないとし、双方がそれぞれ和解を検討するように提案。代理人の金塚彩乃弁護士は「和解することになった場合、和解条項は公表前提で進める」と話した。

    11/21(水) 6:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000035-sph-socc

    【<ハリルホジッチ元監督の1円訴訟>裁判所が和解推奨!】の続きを読む

    このページのトップヘ