カテゴリ: サッカー

    1 :Egg ★:2019/03/20(水) 06:01:06.27 ID:9EpGcjc79.net
    ポルトガル1部のポルティモネンセSCから、カタール1部のアル・ドゥハイルSCへの完全移籍が電撃的に発表されたのが2月3日。
    日本円で約44億円に達した移籍金は、2001年夏に中田英寿がASローマからパルマに移籍した際の約32億円を超える、日本人歴代最高額となった。

    もっとも、約1年半所属したポルティモネンセで演じた大活躍への対価となる、桁違いの金額に関して中島は興味を示さない。
    練習後の取材エリアで口にしたのは、森保ジャパンが船出した昨年9月から何度も繰り返してきた「楽しむ」というキーワードだった。

    「お金のことは、僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが僕のことをすごく欲しがってくれたことがすごく嬉しいですし、
    成長するために、そして楽しむために、自分にとって一番魅力的なクラブだったから移籍することを決めました」

    サッカーシーンはヨーロッパを中心に回っている。J2の東京ヴェルディからJ1のFC東京をへて、ヨーロッパの第2集団に位置するポルトガルへ移籍したのが2017年8月。
    ステップアップの図式に沿えば、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグか、UEFAチャンピオンズリーグを戦える強豪チームが新天地の候補と期待されてきた。

    実際、昨年末にはポルティモネンセのロジニー・サンパイオ会長が、プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズとの交渉が8割方決まったと地元のラジオ番組で明言している。
    フランスリーグの名門パリ・サンジェルマンや、同じポルトガルリーグで3強を形成するFCポルトが、中島に強い関心を抱いていると報じられたこともある。

    だからこそ、中島が下した決断は少なからず驚きを伴っていた。中島自身、24歳という年齢に「世界的に見れば、それほど若くはない」と語ったことがある。
    中堅の域に差しかかりつつあるキャリアで、プレーの舞台を中東へ変えて新たなステージへ挑んでいる意義はどこにあるのか。

    2022年の次回ワールドカップはカタールで開催される。サッカーを取り巻く環境が、国を挙げて変えられていく過程でプレーすることは、昨夏のロシア大会出場を逃した中島にとってもプラスになる。
    それでも、身長167cm、体重62kgの小柄なドリブラーは「そこは考えて選んだわけではないので」と、苦笑しながらこんな言葉を紡いだ。

    「本当にいろいろなクラブが話をくれましたけど、そのなかでもアル・ドゥハイルはすごく自分に合っていた。
    実際に移籍が決まるまで2回ほど行きましたけど、サッカーの面もサッカー以外の面も魅力的で、より楽しくサッカーをするために成長できると思ったので。
    町の人々や食事も含めてすごく住みやすいし、いまは奥さんと2人で幸せに暮らしています。サッカーにもつながってくる点で、そこが一番大事かもしれないですね」

    ここでもキーワードが飛び出した。漠然と聞こえる「楽しむ」に対して、中島が定めている定義を聞いたことがある。小学生時代は教室にボールをもち込んでは足元に置いていた、
    サッカーが大好きでたまらない小僧がそのまま大人になったような答えが返ってきた。

    「ボールを多く触りながら、自分のなかから湧き出てくるイメージを自然とプレーで出せるときですかね。難しく考えなくても、自然といいプレーを勝手に自分の体がしてくれるときだと思います」

    3/20(水) 5:28配信 THE PAGES 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010000-wordleafs-socc&p=1

    写真

    【サッカー】<日本代表MF中島翔哉>カタールでの日々に満足!「最高です。奥さんとふたりで幸せに暮らしています」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552990549/

    【<日本人歴代最高額>なぜ日本代表の「10」を背負う中島翔哉は移籍金44億円にも関心がないのか?】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/03/19(火) 22:03:32.09 ID:Hg+pG2eh9.net
    ベルギーで点取り屋として覚醒 「クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと」

    日本代表の森保一監督は、3月22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けたメンバー23人に、4選手を初招集した。そのなかで、大きな注目を集めるのがFW鎌田大地(シント=トロイデン)だ。ベルギーの地で、パサーから点取り屋へと進化した新進気鋭の22歳は、「目に見えた結果が欲しい」と貪欲にゴールを狙う姿勢を示した。

     鎌田はサガン鳥栖3年目の2017年6月、元日本代表MF長谷部誠も所属するドイツ1部フランクフルトへ完全移籍。開幕戦でリーグデビューを飾ったが、その後は思うように出番を得られず、海外挑戦1年目はリーグ戦3試合の出場にとどまった。2年目の逆襲を誓うなか、18年8月末にシント=トロイデンへの期限付き移籍が決定。これが快進撃のきっかけとなる。

     鳥栖ではトップ下やサイドハーフ、ボランチで起用され、パサーとしての役割が多かった鎌田だが、マーク・ブライス監督率いるシント=トロイデンでは2トップの一角やウイングが主戦場。そのなかで3試合連続弾を含むチームトップタイの12ゴールを積み上げ、得点ランキングでも堂々のリーグ5位タイにランクインした。

     鎌田自身は「自分としてはそこまで変わったイメージはない」と前置きしたうえで、ゴール量産の理由について分析する。

    「何よりもペナルティーエリアの近くでボールを触れているのが大きい。鳥栖の時よりも一つ前のポジションをやっているので、どちらかと言うと点が取れている。ゴール前の最後の部分とかはあまり変わっていないと思います」

     ただ、自身でも“前線でプレーする”ことへの免疫はついてきたと感じているという。

    「前(のポジション)をやっているので、よりゴールに近い位置でプレーできている。クロスの入り方とかはFWっぽくなれているかなと。ボールを受ける前の動きだったり、身体の入れ方だったりは日本にいた頃よりはできるようになったと思います」

    3月シリーズではFW大迫勇也(ブレーメン)やFW武藤嘉紀(ニューカッスル)のロシア・ワールドカップ組、FW北川航也(清水エスパルス)らは招集されておらず、FW登録はリオデジャネイロ五輪世代の鎌田とFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)しかいない。1トップ起用に対しては「やったことがないので分からない」としつつも、鎌田は結果に対して貪欲な姿勢を見せる。

    「日本代表は上手い選手が多いし、細かくパスを回せるので、チーム(シント=トロイデン)でやるよりもやりやすいかなと。上手くはまれば全然やれると思います。前で使われるなら目に見える結果が欲しい。それ以前の攻撃の部分はなんでもできる。得点以外にも起点になれたらいい」

     “FW”鎌田がポジション争いに食い込んでくれば、森保ジャパンは新たなオプションを手にすることができるかもしれない。

    3/19(火) 20:10 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00177424-soccermzw-socc&p=2

    【<鎌田大地>“1トップ”の可能性!FW登録は鎌田とFW鈴木武蔵しかいない...】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/03/19(火) 21:18:45.91 ID:b6O9m2Vh9.net
    カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビが2022年に開催されるカタールワールドカップでの出場国枠を48に拡大する予定である国際サッカー連盟(FIFA)に対し、反対の姿勢を見せている。英メディア『ミラー』などが現地時間の19日に報じた。

     FIFAは理事会で2026年のワールドカップ出場国枠を現行の32から48にすることを決定した。だが、先週、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は2022年のカタール大会からの出場国枠拡大が可能であると話したという。

     これに対して、シャビは「48チームは多すぎるし、とても長い大会になる。現在、カタールは32カ国を受け入れる準備を行なっている。それを今から変えるのは難しい。サッカーにとって、32カ国の方が良い。それで十分だ」と話しているという。

     FIFAはカタール大会での出場国枠48に拡大する案を6月に行われる理事会で話し合い、投票を行う予定だという。

    3/19(火) 20:00 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2019/03/19/post314080/

    写真

    【<シャビ>カタールW杯での出場国枠拡大に反対の姿勢!「48チームは多すぎるし、とても長い大会になる」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★:2019/03/19(火) 21:11:04.83 ID:uSoLoC209.net
    J3相模原は19日、昨季まで鳥栖に所属していた元日本代表MF水野晃樹(33)が完全移籍で加入すると発表した。

    水野は相模原の公式サイトで「シーズンが始まっている中、自分を受け入れてくれたSC相模原に感謝とともに、強い魂、強い責任感、強い覚悟をこの相模原の地に植え付けたいと思います!」とコメント。
    「自分の天職と言えるサッカーを続けられるこの喜びをプレーで最大限出していきたいと思います!」と新天地での抱負を述べた。

    千葉時代の07年に日本代表に選出された経験のある水野は、08年から2年半、スコットランド1部セルティックでプレー。
    10年に柏へ移籍すると、甲府、千葉、仙台、鳥栖と渡り歩き、昨年7月からは期限付き移籍でJ2熊本に加入。昨季終了後に鳥栖、熊本の両クラブから契約満了が発表されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000209-spnannex-socc
    3/19(火) 19:56配信

    【元日本代表MF水野晃樹(33)、J3相模原に加入「喜びをプレーで最大限出していきたい」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/03/19(火) 18:23:26.23 ID:b6O9m2Vh9.net
    タトゥーを入れているイラン代表の選手は今後、チームで居場所を失うことになるかもしれない。イラン『テヘラン・タイムズ』が18日、イランサッカー連盟がタトゥーのある選手の招集を控える意向を示したことを報じている。

     同紙によると、イランサッカー連盟の倫理委員会は以前からタトゥーは職業倫理に反するものとし、ピッチでタトゥーを見せることについて何度も警告を行ってきた。

     イランでは、アスリートが若い世代に向けてイスラムの価値を高める役割を担う模範的存在と考えられている。一方でタトゥーはしばしば西洋化の象徴、またはイスラム社会への文化的侵略の一環として表現されてきたという。

     そうした理由から、同連盟は腕にタトゥーのある代表選手に対し、長袖でプレーすることを義務付けてきた。1月にUAEで開催された日本とのアジアカップ準決勝(0-3)でも24度という気温にもかかわらず、長袖の選手が目立ったのはそのためだったようだ。

     しかし、一部でこれに違反した選手もおり、キャプテンのMFアシュカン・デヤガとエースのFWサルダル・アズムンが半袖姿でタトゥーを隠さなかったとして、倫理委員会に呼び出されていたという。

     関係者は「選手のタトゥーはイランの文化に反するものであり、我々の社会にとって有害だ」と語っているようだが、タトゥーを理由に主力選手を排除すれば大幅な戦力ダウンは免れない。自国の文化と今後、どのようにして折り合いをつけていくのか注目される。

    3/19(火) 17:14配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-40110595-gekisaka-socc

    【<アジア杯で日本に敗れたイラン>暑くても半袖NGの“鉄の掟”…違反すれば代表追放の可能性も?】の続きを読む

    このページのトップヘ