カテゴリ: サッカー

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 18:06:10.25 ID:CAP_USER9.net
    日本でサッカーの新スタジアム建設計画が続々と出てきています。京都スタジアム(仮称)建設中の亀岡市は、2020年の開業に向け、工事が進んでおり、甲府市や長崎市、那覇市で新設されることが決まっています。

    検討中の案件は、ほかにも多数あり、特に広島市は、建設場所をめぐって大詰めの状況を迎えています。今回は、これからできる新しいサッカースタジアムの現況をまとめました。

    完成まであと1年 京都は「駅すぐスタジアム」

    サッカーの観戦環境向上気運を受け、全国でサッカースタジアムの建設計画が持ち上がっています。パナソニックスタジアム(ガンバ大阪の本拠、吹田市)が16年、ミクニワールドスタジアム(ギラバンツ北九州の本拠、北九州市)が17年に開業して以降、しばらく新設はなかったのですが、20年春に京都スタジアム(仮称)(京都サンガの本拠、亀岡市)が開業します。

    *完成予想動画はこちら http://www.sanga-fc.jp/guide/newstadium.php

    京都スタジアム(仮称)は、JR亀岡駅の目の前に出来ます。いま工事現場の付近には近寄れませんが、亀岡駅のテラスからスタジアムの工事風景をみることができます。動画にあるとおり、電車とスタジアムが一枚の写真に映るほど駅と近い場所にあります。歩いて3分ほどでしょうか。この駅からの近さが京都スタジアムの売りの一つになっていくことでしょう。
    http://www.pref.kyoto.jp/kyoto_sports/individual_donations.html

    つづく

    2018.11.20 スポーティ
    https://sportie.com/2018/11/new-stadium

    【<日本でサッカー新スタジアム計画続々!>甲府や長崎や那覇で新設...検討中の案件は、ほかにも多数あり、国も建設を後押し】の続きを読む

    1 :MacaronCino ★:2018/11/21(水) 17:45:20.70 ID:CAP_USER9.net
    ・「キャプ翼」の葛飾にJクラブを作る夢と現実 
     (前略)

    南葛SCの将来の夢とは何か
    将来のJリーグ入りを見据えているなか、本拠地となるスタジアムの建設構想を葛飾区と相談しながら進めている。

     「今話題になっている代々木公園にスタジアムを作る構想よりも先に
    南葛SCが葛飾区にスタジアムを作ってやろうという高いテンションを持ちながらやっています。
    東京23区内に、ちゃんと利益を上げられる“プロフィットセンターとしてのスタジアム”
    というモデルケースを作りたいんです」(岩本GM)

     葛飾区からのバックアップもある。東東京の下町にJリーグクラブをつくりたいという熱も高い。
    高橋先生以外にも、漫画家は秋本治先生(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)や
    平松伸二先生(『ドーベルマン刑事』や『ブラック・エンジェルズ』など)といった大御所が葛飾区にいる。
    葛飾区としてもスポーツと漫画を含めた文化を大切にするという方針だそうだ。

     まずは関東2部リーグに昇格するという目先の目標はあるが、南葛SCの将来の夢はどのようなものなのか。
    「いろいろなクラブの形があって、南葛SCには世界的にも有名な『キャプテン翼』というキャラクターがいます。
    イニエスタもフェルナンド・トーレスも『キャプテン翼』が大好きでサッカーにのめり込んだという幼少期があり、
    翼を通して日本というイメージがあったのだと思います。実際、高橋先生が絵をプレゼントしたら、
    2人ともすごく喜んでくれました。普通のクラブはスポンサー収入、チケット収入、放映権料、マーチャンダイジングの
    4つの収益に支えられますが、我々はそれ以外のところで『キャプテン翼』というものとコラボして、
    日本だけではなく世界中に対して働きかけられる大きな可能性のあるクラブだと思っています。

    上のカテゴリーに上がった時には日本の中だけではなくグローバルにアジア、世界に出ていくクラブにしていきたい。
    今年から、新たにリメイクした『キャプテン翼』のアニメも世界中で放映され始めていて、
    世界中に『キャプテン翼』のファンをさらに増やせるはずなので、そういう子供たちも含めて、
    『キャプテン翼』で育った選手を世界中から獲得できるようなクラブになるのが夢なんです」(岩本GM)

    南葛SCの挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

    ・以下全文はソースで: 東洋経済 菊池康平 11/20 10:40
    https://toyokeizai.net/articles/-/249330?page=3
    東京都1部リーグで優勝した南葛SC(写真:cNANKATSU-SC提供)

    ・他記事 
     南葛SCの大いなる挑戦――「葛飾区からJリーグへ」のビジョンを
     葛飾区長、高橋陽一後援会長、現役復帰の福西崇史が語り合う [サッカーキング 10/30]
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/20181030/849166.html

    【「東京の下町でJリーグを目指す。新スタジアムも建設したい」 南葛SCの将来構想 葛飾区や「キャプテン翼」の高橋先生も支援】の続きを読む

    1 :アルテミス@ ★:2018/11/21(水) 16:34:53.59 ID:CAP_USER9.net
    日本代表は20日、森保一体制5試合目となる国際親善試合・キルギス戦(豊田スタジアム/19時20分)に挑む。来年1月にUAEで開催されるアジアカップに向けて年内最後の一戦となるなか、DF槙野智章(浦和レッズ)は“サッカー熱”の下火を懸念。「フィギュアスケートに負けないようにね」とサッカーのアピールに燃えている。

     16日のベネズエラ戦は1-1のドローに終わり、森保体制の連勝は3でストップ。キルギス戦はアジアカップに向けた最後の親善試合となるなか、槙野は「最後の試合のホイッスルが鳴った時に、観に来ている方たちやピッチでプレーしている選手たちが、本当に気持ち良くこのゲームを終えたい」と必勝を誓った。

     ベネズエラ戦の先発はGKにシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が起用され、最終ラインに酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安健洋(シント=トロイデン)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)。2ボランチに遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎岳(ヘタフェ)が入り、2列目に中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)、堂安律(フローニンゲン)が並び、最前線に大迫勇也(ブレーメン)が入った。

     森保監督はベネズエラ戦からメンバーの大幅な変更を示唆しているなか、槙野は「国内最後、アジアカップ前ラストの試合なので、国民の皆さんに対してサッカーの熱、ワールドカップの熱が冷めないように、そのままアジアカップに持っていきたい」と危機感を募らせている。

     サッカー熱の下火を気にしている槙野は「フィギュアスケートに負けないようにね」と言及。さらに、フィギュアスケート・グランプリシリーズ第5戦ロシア杯で足首の負傷を乗り越えて優勝を飾った羽生結弦に重ね合わせるように、真横に立っていたMF原口元気(ハノーファー)に向けてエールを送った。

    「原口くんも右足首を怪我していますし、それを負って明日はしっかりプレーしてくれる。飛んでくれるだろうし、頑張ってくれると思う」

     槙野も出場が濃厚と見られているが、年内最後のキルギス戦を良い形で終えられるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00148904-soccermzw-socc

    【 日本代表DF槙野、“サッカー熱”の下火懸念 「フィギュアスケートに負けないように」】の続きを読む

    1 :アルテミス@ ★:2018/11/21(水) 16:37:51.71 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの国際親善試合2連戦(16日=ベネズエラ戦、20日=キルギス戦)を終えた日本代表の森保一監督(50)が21日に取材に応じ、24日から10日間の日程で欧州視察に出かけ、ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(29)との面談を計画していることが明らかになった。

    視察先について問われた指揮官は「ドイツに行きます。(欧州)チャンピオンズリーグ(CL)を見て、世界基準のサッカーを感じてきたい」と初めて行き先と目的を明かした。
    個人名こそ明かさなかったが、ドイツで欧州CL、日本代表招集に絡む選手というキーワードを全て満たすのは香川だけ。28日の欧州CL1次リーグ第5節、ドルトムント―クラブ・ブリュージュ(ベルギー)戦に足を運ぶことが濃厚だ。

     クラブで構想外同然の扱いを受け、最近はU―23チームの一員として4部リーグの試合に出場するのがやっとだが、9月18日のCL開幕戦だった敵地でのクラブ・ブリュージュ戦で今季公式戦初出場を果たしている。しかもその試合で好プレーを見せただけに、今回も出場できる可能性がある。

     森保監督は9月からの代表戦5試合で4勝1分け。結果も内容も良かったが「一つできなかったことがあるとすれば、自分の思った選手を全員呼ぶことができず、活動できなかったこと」と心残りがあることも口にした。「いろいろな選手を呼んでコンセプトを感じてほしかった」という思いは、香川に対して特に強い。

    練習の視察もかなえば本人との面談も視野に入れている。1月のアジア杯(UAE)に向けて、森保監督は“ラストピース”を探しにいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000022-tospoweb-socc

    【 日本代表・森保監督がドイツ視察へ ドルトムント香川と面談も】の続きを読む

    1 :アルテミス@ ★:2018/11/21(水) 16:39:08.24 ID:CAP_USER9.net
    浦和の元日本代表MF武藤雄樹(30)が21日、自身のツイッターを更新。自身が持っていた日本代表最速デビュー弾の記録が塗り替えられたことを悔しがりつつも祝福した。

     20日に行われた国際親善試合・キルギス戦(豊田ス)で初出場初先発したDF山中亮輔(25=横浜)が前半2分に先制ゴール。このゴールが日本代表史上最速のデビュー2分弾となった。
    それまで日本代表における最速デビュー弾は2015年8月2日の北朝鮮戦で決めた武藤の3分だったが、山中は3年3カ月ぶりに武藤の記録を1分縮めた。

     “元記録保持者”となってから一夜明けたこの日、武藤は「僕の代表デビュー最速ゴールの記録が抜かれてしまった… 残念。笑」と冗談まじりにツイート。だが、スポーツマンらしく爽やかに「山中選手ナイスゴール!!」と続け、山中を祝福した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000129-spnannex-socc

    【 “元記録保持者”となった武藤「僕の記録が抜かれてしまった…残念。笑」悔しがりつつ祝福】の続きを読む

    このページのトップヘ