カテゴリ: サッカー

    1 :ホイミン ★:2018/11/21(水) 23:27:54.72 ID:CAP_USER9.net
     元AKB48で女優の高城亜樹が、サッカーJ1・サガン鳥栖のDF・高橋祐治選手と交際中であることを、一部スポーツ紙が報じた。

     記事によると、きっかけは数年前、知人の紹介で知り合い、高城が高橋の誠実な人柄に好意を寄せて真剣交際に発展。交際期間は1年以上だとしている。

     今季、高城は何度もスタジアムで観戦。高城がサッカースタジアムへ応援に訪れている姿は、しばしばサポーターたちに目撃されていたという。高城は仕事のない時には佐賀・鳥栖市内に滞在し、高橋をサポート。市内では、2人が食事デートをする姿が目撃されていたというのだ。高城の所属事務所は交際を認めている。

     高城は08年にAKB48の6期生となり、11年の「AKB48選抜総選挙」では自己最高の第12位に入った。2016年にグループを卒業し晴れて恋愛解禁に。卒業後は、女優として活動している。

     一方の高橋は、モデル・女優の高橋メアリージュンとモデルの高橋ユウを姉に持つ、身長187㎝のイケメンJリーガー。今季は34試合に先発出場するなど活躍。姉のユウは先ごろ、K-1ファイターの卜部弘嵩と結婚していた。

     「やたらと詳細な交際ぶりが報じられているが、おそらく、高城サイドのリークでは。女優として活動はしているものの、それほど目立った活動をしていない。交際報道で今後、注目を浴びそうだ」(芸能記者)

     芸能人とJリーガーのカップルといえば、昨年9月にモデルの泉里香が川崎フロンターレのMF・谷口彰悟と交際が発覚。日本代表のイレブンでは長友佑都が平愛梨と、柴崎岳が真野恵里菜と、槙野智章が高梨臨とそれぞれ結婚。野球選手に比べサッカー選手が女性芸能人たちに人気だ。

     「かつてはJリーガーといえばチャラいイメージだったが、今はかなりストイックじゃないとチーム内の生き残り競争に勝てず。おまけに、海外志向の選手が多い。それに比べ、野球選手は練習が緩いので遊び歩いている選手が多く、そこがサッカーに比べ芸能人人気が低い理由では」(サッカー担当記者)

     Jリーグで活躍すれば芸能人と交際するチャンスがありそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/32262758/

    【野球選手より人気? 高城亜紀のように、なぜ“サッカー選手”は女性芸能人人気が高いのか】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 22:05:02.51 ID:CAP_USER9.net
    日本でサッカーの新スタジアム建設計画が続々と出てきています。京都スタジアム(仮称)建設中の亀岡市は、2020年の開業に向け、工事が進んでおり、甲府市や長崎市、那覇市で新設されることが決まっています。

    検討中の案件は、ほかにも多数あり、特に広島市は、建設場所をめぐって大詰めの状況を迎えています。今回は、これからできる新しいサッカースタジアムの現況をまとめました。

    完成まであと1年 京都は「駅すぐスタジアム」

    サッカーの観戦環境向上気運を受け、全国でサッカースタジアムの建設計画が持ち上がっています。パナソニックスタジアム(ガンバ大阪の本拠、吹田市)が16年、
    ミクニワールドスタジアム(ギラバンツ北九州の本拠、北九州市)が17年に開業して以降、しばらく新設はなかったのですが、20年春に京都スタジアム(仮称)(京都サンガの本拠、亀岡市)が開業します。

    *完成予想動画はこちら http://www.sanga-fc.jp/guide/newstadium.php

    京都スタジアム(仮称)は、JR亀岡駅の目の前に出来ます。いま工事現場の付近には近寄れませんが、亀岡駅のテラスからスタジアムの工事風景をみることができます。
    動画にあるとおり、電車とスタジアムが一枚の写真に映るほど駅と近い場所にあります。歩いて3分ほどでしょうか。この駅からの近さが京都スタジアムの売りの一つになっていくことでしょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=fwKtUlZgwkk

    *工事現場の状況

    京都スタジアム(仮称)を主に使用するのは、J2リーグの京都サンガです。もう15年以上前に、京都サンガのスポンサーである京セラ創業者の稲盛和夫氏が、
    私財を投じてスタジアムを作る案が京都新聞の1面トップに掲載され、話題を呼んだことがありました。その後、スタジアムをどこに作るのかの紆余曲折があったのですが、亀岡に建設することで決着しました。

    京都スタジアム(仮称)の建設費は、167億円と報道されています。この建設費と維持費の一部をまかなうため、*1京都府は、寄付を募っています。
    寄付で作るスタジアムといえば、パナソニックスタジアムが先鞭をつけました。19年早々に改築工事が始まる*2キンチョウスタジアム(セレッソ大阪の本拠)も、寄付を募っています。

    キンチョウスタジアムは、改築費66億円を全て寄付で賄う構想なのですが、まだ4億円強しか集まっておらず、寄付の呼びかけを強化しています。

    つづく

    2018.11.20 スポーティ
    https://sportie.com/2018/11/new-stadium

    【<日本でサッカー新スタジアム計画続々!>甲府や長崎や那覇で新設...検討中の案件はほかにも多数あり、国も建設を後押し★2】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 19:51:53.58 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J2リーグの今季最終節となる第42節の全11試合が17日に各地で開催された。全日程を終えた今季J2の1試合あたりの平均観客数は10年ぶりに7000人を越えた。

    最終節まで激しい優勝争いや昇格争いが繰り広げられ、上位4チームがわずか勝ち点1差で終えるという大接戦となった今季のJ2。その熱い戦いは観客動員にも反映されたようで、最終節には11会場合計で今季3番目に多い10万3021人、1試合あたり平均9366人が観戦に訪れた。

    Jリーグ公式サイトのデータによれば、今季J2の全462試合の累計入場者数は325万6416人。1試合平均7049人となり、2008年以来10年ぶりに平均7000人を突破したことになった。

    1999年に設立されたJ2リーグは今季で20シーズン目。1試合平均7049人という入場者数は2003年(7895人)、2005年(7482人)、2004年(7213人)、2008年(7072人)に次いで過去5番目に高い数字となる。

    2003~2005年当時のJ2は12チーム、2008年のJ2は15チームで開催されていたため、22チームの現在より試合数は少ない。平均では歴代5位だが、合計325万人越えの観客数は昨年(約322万人)を上回ってJ2歴代最多となった。

    クラブ別では、昨季のJ1から降格したアルビレックス新潟が最多の平均1万4913人を記録。優勝した松本山雅FCが昨年を1000人以上上回る平均1万3283人で2位、ジェフユナイテッド千葉が平均9858人で3位だった。

    11/17(土) 19:31配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181117-00297634-footballc-socc

    1 Egg ★ 2018/11/18(日) 06:44:15.55
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542582791/

    【<Jリーグ>「大混戦J2」観客動員も好調!10年ぶりに平均7千人越え...累計入場者数は325万6416人で最多★5】の続きを読む

    1 :ゴアマガラ ★ :2018/11/21(水) 20:30:41.19 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表は年内最終戦、キリンチャレンジ杯・キルギス戦(20日=豊田)に4-0と圧勝した。森保ジャパンは発足後5戦負けなし(4勝1分け)と上々の形で今年を締めくくった。

     「先発を大幅に入れ替える」と話していた森保一監督(50)の宣言通り、4日前のベネズエラ戦(大分)のスタメン11人全員を入れ替えた。

     MF原口(ハノーファー)以外、先発10人が国内組。相手のキルギス代表は3日前にJ1鹿島の控え組と練習試合を行い0-2と完敗したチームだけに、“2軍”でも相応だったのだ。

     前半2分、代表初招集初出場のDF山中(横浜)が「とにかく決めに行った」と左足で先制弾。同19分には原口が追加点を奪った。

     しかし後半に入ると、70%台だったボール支配率が一気に50%台に急降下。12分にはこの試合の主将、DF槙野(浦和)が接触プレーで脳しんとうを起こし、DF吉田(サウサンプトン)と交代。
    14分にはMF堂安(フローニンゲン)、MF柴崎(ヘタフェ)、FW大迫(ブレーメン)と親善試合ならではの“3枚替え”を敢行。森保監督は「経験の足りない選手もまだまだのびしろがあるということで…」と弁明したが、いかにも苦しい。

    交代で入った大迫は後半27分に、またその1分後に交代で入ったMF中島(ポルティモネンセ)もゴールを決めて一気に試合を決めた。先発した国内組で中だるみした試合をバトンを受けた海外組が締めたのだった。

     新生森保ジャパンの軸は中島-南野-堂安の若手三銃士と、好調を維持しているFW大迫。一方、この日先発した杉本(C大阪)と北川(清水)の2トップ、途中退場したDF槙野など国内組との実力差が図らずもはっきりとわかった。

     「本当にめまぐるしく過ぎていった1年でしたからねぇ…」と笑顔で振り返った森保監督。使える選手と使えない選手がはっきりしたことが収穫といえば収穫か。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000009-ykf-spo

    【圧勝も海外組が締めた…森保ジャパン、使えない「国内組」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/21(水) 19:56:25.02 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール賞の最終候補から、
    イタリア1部リーグ・ユベントスのクリスティアノ・ロナウドとスペイン1部リーグ・バルセロナのメッシがもれていることがわかった。

    21日付のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

    それによると、候補として残っているのはスペイン1部リーグ、レアル・マドリッドのクロアチア代表モドリッチ、
    フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのフランス代表МFエムバッペ、
    そしてレアル・マドリードの若手フランス人DFラファエル・ヴァランだという。

    これまでに、ロナウドとメッシは同賞を5回ずつ受賞していた。

    11/21(水) 17:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000110-dal-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181121-00000110-dal-000-view.jpg"

    【<バロンドール賞>C・ロナウドとメッシ、最終候補からもれる!候補として残っているのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ