1 :Egg ★:2019/01/18(金) 06:32:08.48 ID:KTzXYKW19.net
    アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ2019。“持っている男”の活躍が、日本、UAEのみならず、並み居る海外メディアを驚かせた。

     地元UAEのアル・アインに所属する塩谷司は、アジアカップグループリーグ第3戦、ウズベキスタン戦に先発出場。青山敏弘とボランチを務めた。塩谷にとっては前回のアジアカップに代表メンバーに選ばれていたが、出場は叶わず、ウズベキスタン戦が正真正銘、アジアカップのデビュー戦となった。

     中島翔哉、守田英正が負傷のため参加を断念し、急遽白羽の矢が立ったのがUAEに本拠地を置く塩谷だった。所属クラブでは主に左SBを務めているが、ボランチなど守備的な位置はどこでもこなすことができる。また、森保一監督とはサンフレッチェ広島時代から信頼し合う仲だ。このウズベキスタン戦では、青山や佐々木翔らという”広島の仲間”と共にプレーすることになった。

     試合は前半終盤まで日本にとってもどかしい展開が続き、40分にはウズベキスタンのFWエルドル・ショムロドフに先制を許す。しかし直後に43分に武藤嘉紀が室屋成のクロスを頭で合わせ、同点に追いついた。

     そして58分、その時は来た。右サイドの室屋のクロスがゴール前の混戦でこぼれる。その先にいた塩谷司は、落ち着いて左足でミドルシュートを叩き込んだ。

     このゴールを、スポーツ専門チャンネル「FOX SPORTS」アジア版の公式ライブSNSアカウントで、「ツカサ・シオタニから言葉を失う一撃!」と絶賛した。

     ほかにも、ドイツのサッカー専門誌『kicker』は「この試合を決めたのは、あのツカサ・シオタニの見事なミドル。5度目の優勝を目指す日本を勝利に導いた」と、オーストラリア紙『Brisbane Times』は「シオタニによる衝撃の一撃! 日本の3連勝に貢献し、ウズベキスタンを沈めたゴールだ」、ベトナム紙『NGUOI DUA TIN』は「なんてことだ!MFで出場したシオタニのゴラッソ! これは全グループリーグのベストゴールに間違いない!」と、アジア、そしてヨーロッパメディアからも称賛されているのだ。

    そして塩谷を「日本代表の英雄だ」と激賞しているのが、UAE地元紙『The National』だ。

    「クラブ・ワールドカップで活躍した我らがアル・アインの塩谷司は、自らの価値をアジアカップで証明してみせた。彼はCWCでレアル・マドリーと対戦した際にもゴールを決め、彼のゴールは敗北を味わった我々にとっての慰めになった。

     実績のある彼が日本のためにアジアカップに出場し、ウズベキスタンと対戦したデビュー戦で素晴らしいゴールを決めたことは、我々にとって全く驚くようなことではなかったのだ。

     その瞬間、ゴールから約25ヤードのところに居た彼は、猛烈な左足からの低い弾道のシュートをお見舞いし、GKイグナチー・ネステロフは茫然と見守るしかなかった。日本代表にとって塩谷の介入は試合を決める大きな要素だった。チームに勝利を与え、グループFの勝者として5回目の優勝へと踏み出した。彼の今までのキャリア、舞台裏の努力はひとつ報われたといっていいだろう」

     “持っている男”の活躍は優勝を目指す森保ジャパンにとって心強いに違いない。日本代表は、この勢いのままに決勝トーナメント1回戦、サウジアラビア戦に臨むことになる。

    1/18(金) 5:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00052960-sdigestw-socc&p=1

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/52960_ext_04_0_1547745001.webp?v=1547757322

    【<海外メディア>塩谷司の超絶ミドルを絶賛!「勝利に導いた」「本大会のベストゴール」 地元紙は「英雄」と鼻高々】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/01/18(金) 06:42:32.63 ID:KTzXYKW19.net
    ●槙野と三浦は失点を防げず

    [アジアカップ・グループリーグ第3戦]日本 2-1 ウズベキスタン/1月17日】

    【日本代表・総評】

    オマーン戦から10人を入れ替えて臨んだだけに、コンビネーションは拙い部分があった。ただし2ゴールで逆転勝ちし、グループリーグ1位突破を確定。ウズベキスタンの低パフォーマンスに助けられた部分はあったが、この試合のミッションを完遂した。
     
    【個人採点・寸評】

    GK
    23 シュミット・ダニエル 6
    相手の巧みなシュートを止められずに失点。それでも85分には強烈なミドルを好セーブし、チームに勝点3をもたらした。
     
    DF
    2 三浦弦太 5
    前半には一度、前線に好フィードを供給。守備では相手の長身CFに粘り強く対応していたが、39分には槙野のカバーに入ったところを簡単にかわされて失点した。終盤は空中戦の強さを示したが……。

    3 室屋 成 6.5
    守備で奮闘。攻め上がった際のクオリティはそこまで高くなかったが、42分にはクロスで武藤のゴールをアシスト。大きな仕事をこなした。

    4 佐々木翔 6
    ディフェンスに気を使いながらプレー。だが前半は失点場面を含めて自サイドを破られる回数が多く、苦戦した。もっとも後半は持ち直し、終盤はよく相手のクロスを撥ね返した。
     
    20 槙野智章 5
    声を張り上げながら周囲を叱咤激励し、最終ラインを牽引。しかし失点場面では相手のスピードについて行けず。目の前で決められた。追加点は与えなかったが、高評価はできないだろう。

    ●ボランチ起用の塩谷は豪快なミドルをマーク

    MF
    10 乾 貴士 5(80分OUT)
    ここまで出場機会を掴めなかった鬱憤を晴らすかのように積極的に仕掛けた。ただ19分のミドルは決められず。パスが乱れるシーンも。後半はガス欠になり、カウンターを許す原因になったのは痛い。

    14 伊東純也 6
    カウンター時には自慢の快足を活かしてボールを持ち運んだ。クロスが味方に合わなかったのは大きな課題も、54分には強烈な一発を見舞った。52分のピンチでは身体を投げ出してシュートをブロック。
     
    17 青山敏弘 6
    吉田に代わってキャプテンマークを巻いて先発。前半は的確にボールをつないだが、攻撃を加速させる縦パスをそこまで入れられなかった。一方で後半は57分のスルーパスなど前線の選手をサポートした。

    18 塩谷 司 6.5
    ボランチとしてスタメン出場。対人の守備はまずまず。翻ってフィードがズレるなどマイナスポイントも。失点場面では対応が間に合わずにパスを通された。それでも58分には左足を強振し、逆転ゴールを奪って見せた。

    FW
    11 北川航也 6(90分+3分OUT)
    南野のように前線からやや落ちたポジションでボールを引き出した。プレーに粗さは残ったが、ここ3戦で最も良い動きを披露。34分には鋭い反転からのシュートで相手ゴールを襲った。81分の決定機はモノにできず。

    13 武藤嘉紀 6.5(84分OUT)
    MAN OF THE MATCH
    前半は気合いが空回りしていた印象で、33分には勢い余ってイエローカードを受けた。それでも42分には室屋のクロスにヘッドで合わせて貴重な同点ゴールをゲット! 先制された直後に悪い流れを断ち切った。

    ●原口、遠藤は逃げ切りに貢献

    交代出場
    MF
    8 原口元気 ―(80分 IN)
    乾に代わって左サイドに入る。守備でポジションを空けずに、攻撃の機会もうかがった。

    MF
    6 遠藤 航 ―(84分 IN)
    ウズベキスタンに攻め込まれる時間が長いなか、ボランチとして相手のパスコースを切った。逃げ切りに貢献。

    DF
    16 冨安健洋 ―(90+3分 IN)
    試合終了間際にクローザーとして登場。1点リードのままで試合を終わらせた。
     
    監督
    森保 一 6
    明言していたとおり、これまで出場機会の少なかった選手たちを起用。武藤、塩谷がゴールを奪うなど結果的にはその判断が奏功した。

    【サッカー】<どこよりも早い採点>ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547738718/

    【<日本2-1ウズベキスタン|採点&寸評>武藤、塩谷、室谷は6.5点!ワーストは槇野、三浦、乾で5点..北川は6点】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2019/01/18(金) 02:56:59.59 ID:A75Bjp6I9.net
    1/18(金) 2:51配信
    日本代表、ベスト16の対戦相手はサウジアラビアに決定…21日20時KO

     AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦の日本代表の対戦相手がサウジアラビア代表に決まった。

     グループFの日本は17日にウズベキスタン代表との首位決戦に2-1で勝利し、1位通過が決定。一方、同日行われたグループE第3節では、カタール代表が2-0でサウジアラビア代表に勝利を収めた。この結果、カタールが首位、サウジアラビアが2位でグループステージを突破。日本はE組2位のサウジアラビアと8強進出をかけて対戦することとなった。

     日本とサウジアラビアは過去に13回対戦し、日本の8勝1分4敗。ただ、直近の試合では2017年9月5日に行われたワールドカップ予選で0-1と敗れている。

     試合は日本時間21日20:00キックオフ予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893888-soccerk-socc

    【日本代表、ベスト16の対戦相手はサウジアラビアに決定…21日(月)20時キックオフ】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2019/01/18(金) 02:12:29.48 ID:A75Bjp6I9.net
    メンバー大幅変更の日本、武藤&塩谷のゴールで逆転勝利! 3戦全勝でGS首位通過

    1/18(金) 0:22配信
     AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3節が17日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦した。

     勝てば首位通過、引き分け以下なら2位通過となる日本はGKシュミット・ダニエル、DF室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔、塩谷司、MF青山敏弘、伊東純也、乾貴士、FW北川航也、武藤嘉紀の11人が先発に名を連ねた。

     日本は19分に乾、35分には北川がシュートチャンスを得たがGKのセーブに阻まれ得点とはならない。すると40分、ウズベキスタンのエルドル・ショムロドフにドリブル突破からのシュートを決められ、先制を許した。

     それでも直後の43分、右サイドを突破した室屋のクロスを武藤が打点の高いヘディングで合わせ、同点に追いついて前半を折り返す。

     後半に入り58分、日本はペナルティエリア手前ゴール正面でこぼれ球に反応した塩谷が左足を一閃。正確なシュートがゴール右隅に突き刺さり、逆転に成功した。

     終盤の86分にはウズベキスタンのダブロン・ハシモフがエリア外から強烈なシュートを放ったが、GKシュミットが好セーブで弾き出す。試合はこのまま終了し、日本が2-1で勝利を収めた。

     3連勝を飾った日本はグループステージを首位通過。21日に行われる決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアかカタールと対戦する。

    【スコア】
    日本代表 2-1 ウズベキスタン代表

    【得点者】
    0-1 40分 エルドル・ショムロドフ(ウズベキスタン)
    1-1 43分 武藤嘉紀(日本)
    2-1 58分 塩谷司(日本)

    【スターティングメンバー】
    日本代表(4-2-3-1)
    シュミット・ダニエル;室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔;青山敏弘、塩谷司;伊東純也、北川航也(90+3分 冨安健洋)、乾貴士(81分 原口元気);武藤嘉紀(85分 遠藤航)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893770-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2019/01/18(金) 00:22:24.92
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547740807/

    【≪ 日本 2-1 ウズベキスタン≫武藤の3年ぶりのゴール・塩谷の代表初ゴールで勝利し、日本が首位通過を決める!★4】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2019/01/18(金) 01:00:07.05 ID:A75Bjp6I9.net
    メンバー大幅変更の日本、武藤&塩谷のゴールで逆転勝利! 3戦全勝でGS首位通過

    1/18(金) 0:22配信
     AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3節が17日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦した。

     勝てば首位通過、引き分け以下なら2位通過となる日本はGKシュミット・ダニエル、DF室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔、塩谷司、MF青山敏弘、伊東純也、乾貴士、FW北川航也、武藤嘉紀の11人が先発に名を連ねた。

     日本は19分に乾、35分には北川がシュートチャンスを得たがGKのセーブに阻まれ得点とはならない。すると40分、ウズベキスタンのエルドル・ショムロドフにドリブル突破からのシュートを決められ、先制を許した。

     それでも直後の43分、右サイドを突破した室屋のクロスを武藤が打点の高いヘディングで合わせ、同点に追いついて前半を折り返す。

     後半に入り58分、日本はペナルティエリア手前ゴール正面でこぼれ球に反応した塩谷が左足を一閃。正確なシュートがゴール右隅に突き刺さり、逆転に成功した。

     終盤の86分にはウズベキスタンのダブロン・ハシモフがエリア外から強烈なシュートを放ったが、GKシュミットが好セーブで弾き出す。試合はこのまま終了し、日本が2-1で勝利を収めた。

     3連勝を飾った日本はグループステージを首位通過。21日に行われる決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアかカタールと対戦する。

    【スコア】
    日本代表 2-1 ウズベキスタン代表

    【得点者】
    0-1 40分 エルドル・ショムロドフ(ウズベキスタン)
    1-1 43分 武藤嘉紀(日本)
    2-1 58分 塩谷司(日本)

    【スターティングメンバー】
    日本代表(4-2-3-1)
    シュミット・ダニエル;室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔;青山敏弘、塩谷司;伊東純也、北川航也(90+3分 冨安健洋)、乾貴士(81分 原口元気);武藤嘉紀(85分 遠藤航)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893770-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2019/01/18(金) 00:22:24.92
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547739234/

    【≪ 日本 2-1 ウズベキスタン≫武藤の3年ぶりのゴール・塩谷の代表初ゴールで勝利し、日本が首位通過を決める!★3】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/01/18(金) 00:25:18.98 ID:KTzXYKW19.net
    1月17日、日本対ウズベキスタンの一戦が行われ2-1で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    【日本 2-1 ウズベキスタン AFCアジアカップ グループリーグ第3節】

    シュミット・ダニエル 5

    タイミングをずらした相手のシュートを止められず
    佐々木翔 5.5 後方から乾をサポート。守備では相手の後手を踏むシーンもあった

    槙野智章 4.5

    裏へのケアが甘く、抜け出されたところから失点した
    三浦弦太 4.5 飛び出す相手を簡単に離してしまう。周囲との連係を密にしたかった

    室屋成 5.5

    果敢な攻撃参加。丁寧なクロスで同点ゴールをアシストした
    青山敏弘 5.5 ボールがズレるシーンもあったが、後半にはいいスルーパスも

    塩谷司 6.5

    久々の代表戦はボランチの一角。強さなど持ち味を示し、強烈ミドルで逆転弾

    乾貴士 5.5

    巧みで力強いドリブルで相手を剥がし、チャンスを作った
    伊東純也 5.5 中央寄りでプレーしつつ、外からの突破では快速を生かした

    北川航也 6

    下がり目の位置で起点となった。思い切りの良いシュートなど積極性も○

    武藤嘉紀 6

    ガムシャラにプレーしチームを活性化。クロスを頭で合わせて同点弾をゲット

    原口元気 – 出場時間短く採点不可
    遠藤航 – 出場時間短く採点不可
    冨安健洋 – 出場時間短く採点不可

    森保一監督 5.5 スタメンを入れ替えて臨んだ。特徴を出した者もおり、収穫はあった

    1/18(金) 0:22 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00305394-footballc-socc

    【<どこよりも早い採点>ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/01/18(金) 00:29:12.91 ID:KTzXYKW19.net
    森保一監督率いる日本代表は、17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦ウズベキスタン戦に臨み、前半40分に先制点を献上するも、その3分後に同点弾を決めるなど接戦を演じている。試合会場のハリファ・インターナショナル・スタジアムで激闘が繰り広げられるなか、近隣にある50メートル級の岩山から試合を盗み見るファンが出ている。


     9日の初戦トルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利を飾った日本は、13日の第2戦オマーン戦も1-0で連勝し、決勝トーナメント進出を決めた。グループ首位通過を懸けてウズベキスタン戦に臨んだなか、森保監督は第2戦から先発10人を入れ替える決断を下した。

     試合会場の横には50メートル級の岩山がそびえ立っており、その頂上から現地のサッカーファンと見られる20人近くの人々が日本対ウズベキスタン戦を観戦。頂上からの視界を遮る建物は何もなく、“特等席”から試合を盗み見ている形だ。

     前半途中から日が落ちても岩山頂上のファンは動かず、そのまま試合を眺めており、アジアカップならではのワンシーンと言えそうだ。

    1/17(木) 23:43フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00162832-soccermzw-socc

    写真

    【<まさに特等席!?>白熱の日本対ウズベキスタン戦、50m級岩山頂上からファンが盗み見】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2019/01/18(金) 00:33:54.90 ID:A75Bjp6I9.net
    メンバー大幅変更の日本、武藤&塩谷のゴールで逆転勝利! 3戦全勝でGS首位通過

    1/18(金) 0:22配信
     AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3節が17日に行われ、日本代表とウズベキスタン代表が対戦した。

     勝てば首位通過、引き分け以下なら2位通過となる日本はGKシュミット・ダニエル、DF室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔、塩谷司、MF青山敏弘、伊東純也、乾貴士、FW北川航也、武藤嘉紀の11人が先発に名を連ねた。

     日本は19分に乾、35分には北川がシュートチャンスを得たがGKのセーブに阻まれ得点とはならない。すると40分、ウズベキスタンのエルドル・ショムロドフにドリブル突破からのシュートを決められ、先制を許した。

     それでも直後の43分、右サイドを突破した室屋のクロスを武藤が打点の高いヘディングで合わせ、同点に追いついて前半を折り返す。

     後半に入り58分、日本はペナルティエリア手前ゴール正面でこぼれ球に反応した塩谷が左足を一閃。正確なシュートがゴール右隅に突き刺さり、逆転に成功した。

     終盤の86分にはウズベキスタンのダブロン・ハシモフがエリア外から強烈なシュートを放ったが、GKシュミットが好セーブで弾き出す。試合はこのまま終了し、日本が2-1で勝利を収めた。

     3連勝を飾った日本はグループステージを首位通過。21日に行われる決勝トーナメント1回戦ではサウジアラビアかカタールと対戦する。

    【スコア】
    日本代表 2-1 ウズベキスタン代表

    【得点者】
    0-1 40分 エルドル・ショムロドフ(ウズベキスタン)
    1-1 43分 武藤嘉紀(日本)
    2-1 58分 塩谷司(日本)

    【スターティングメンバー】
    日本代表(4-2-3-1)
    シュミット・ダニエル;室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔;青山敏弘、塩谷司;伊東純也、北川航也(90+3分 冨安健洋)、乾貴士(81分 原口元気);武藤嘉紀(85分 遠藤航)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893770-soccerk-socc

    ★1がたった時間:2019/01/18(金) 00:22:24.92
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547738544/

    【≪ 日本 2-1 ウズベキスタン≫武藤の3年ぶりのゴール・塩谷の代表初ゴールで勝利し、日本が首位通過を決める!★2】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2019/01/18(金) 00:22:24.92 ID:A75Bjp6I9.net
    アジアカップ
    2019/1/17(木)22:30
    ハリファ インターナショナル スタジアム

    日本 vs ウズベキスタン


    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2019011701

    【≪ 日本 2-1 ウズベキスタン≫武藤の3年ぶりのゴール・塩谷の代表初ゴールで勝利し、日本が首位通過を決める!】の続きを読む

    1 :Egg ★:2019/01/18(金) 00:13:21.37 ID:KTzXYKW19.net
    芸スポは実況解禁となってます。


    先発メンバーは以下の通り。

      ▼GK シュミット・ダニエル(仙台)

     ▼DF 佐々木翔(広島)、槙野智章(浦和)、三浦弦太(G大阪)、室屋成(F東京)、塩谷司(アルアイン)

     ▼MF 青山敏弘(広島)、乾貴士(ベティス)、伊東純也(柏)

     ▼FW 武藤嘉紀(ニューカッスル)、北川航也(清水)


    スコア速報
    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2019011701

    1 Egg ★ 2019/01/17(木) 22:22:57.39
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547735054/

    【<実況>アジアカップ「日本代表」×「ウズベキスタン代表」 ★3】の続きを読む

    このページのトップヘ