1 :豆次郎 ★:2018/11/20(火) 20:40:40.86 ID:CAP_USER9.net
    2018年11月20日19時24分

     世界ランク50位のサッカー日本代表は20日、国際親善試合で同90位のキルギス代表と初対戦。キルギスは11日に来日し、17日の練習試合で控え選手中心の鹿島アントラーズに0―2で敗れています。日本と同じく来年1~2月のアジアカップに出場しますが、キルギスが本番に向けた強化にふさわしい相手なのかという声が聞こえます。もともとこの試合には、国際サッカー連盟(FIFA)の理事選挙が関係しています。

     理事会のアジア枠を決める来年4月の選挙には、田嶋幸三・日本サッカー協会会長が立候補しています。田嶋会長は2度目の挑戦だった2015年のFIFA理事選で初当選し、2期目を目指します。同年に発覚した汚職事件で旧来のFIFA理事会は廃止され、新たに再編された理事会でアジア枠は7(AFC会長枠と女性枠1を含む)。従来に比べて権限は縮小されたとはいえ、世界のサッカーの動きをいち早く知る上で、重要なポストと言われています。
    関係深まる中での開催

     国代表同士の試合は初めてですが、日本協会はキルギス協会にコーチを派遣した実績があります。
     しかし事情に詳しい関係者によ…

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLCM6G47LCMUTQP019.html

    【90位のキルギスは本番に向けた強化にふさわしい相手なのか?→ 田嶋幸三会長のFIFA理事選が関係してるか】の続きを読む

    1 :3倍理論 ★:2018/11/20(火) 18:50:10.82 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ2の松本山雅FCが2019年シーズンのJ1昇格を決めた。本拠地の長野県松本市周辺では百貨店などがキャンペーンを開催し、祝福ムードを盛り上げた。15年シーズン以来のJ1復帰となる来季は観客動員の増加が見込まれ、観光業界からの期待も膨らんでいる。

    「やった!J1だ」。17日、松本山雅が本拠地のサンプロアルウィン(松本市)でJ2優勝とJ1昇格を果たし、同市内ではサポーターが歓喜の声を上げた。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3793871019112018L31000/

    【サッカー松本山雅J1昇格 地元は経済効果に期待】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2018/11/20(火) 20:01:37.26 ID:CAP_USER9.net
    11/20(火) 18:22配信
    日本代表、ベネズエラ戦から大幅変更!キルギス戦のスタメン発表…山中亮輔がデビュー

    ベネズエラ戦から大幅変更で初先発の選手も

    日本サッカー協会(JFA)は20日、ベネズエラ戦に臨む日本代表のスターティングメンバーを発表した。

    史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

    森保ジャパンにとって来年1月に開幕するアジアカップに向けて最後の2試合となる11月シリーズ。16日に行われたベネズエラ戦では現段階でのベストメンバーと思われる11人を送り出し、1-1のドローに終わった。

    そして、メンバー発表時に「1人でも多くの選手にプレーしてもらうという考えを持っている」と語っていた通り、キルギス戦ではベネズエラ戦で出場機会のなかった選手たちの多くが出番を得ることになった。

    スターティングメンバーは予告どおり、ベネズエラ戦で出番のなかった選手たち中心に。ディフェンスラインでは山中亮輔が代表デビューとなった。前線では北川航也が初先発、最前線に立つ杉本健勇とコンビを組んだ。

    キルギス戦は豊田スタジアムで19時20分にキックオフを迎える。

    スターティングメンバーは以下の通り。

    【日本代表 スターティングメンバー】

    ■GK
    12 権田修一/サガン鳥栖

    ■DF
    20 槙野智章/浦和レッズ
    3 室屋成/FC東京
    2 三浦弦太/ガンバ大阪
    5 山中亮輔/横浜F・マリノス

    ■MF
    14 伊東純也/柏レイソル
    18 三竿健斗/鹿島アントラーズ
    8 原口元気/ハノーファー(ドイツ)
    17 守田英正/川崎フロンターレ
    13 北川航也/清水エスパルス

    ■FW
    11 杉本健勇/セレッソ大阪

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010009-goal-socc

    ★1がたった時間:2018/11/20(火) 18:23:29.12
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542705809/

    【≪スタメン発表≫ 日本代表、ベネズエラ戦から大幅変更!キルギス戦のスタメン発表…山中亮輔がデビュー★2】の続きを読む

    1 :3倍理論 ★:2018/11/20(火) 18:42:07.37 ID:CAP_USER9.net
    20日にキリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦する日本代表がスターティングメンバーを発表した。

     日本代表にとってキルギス戦が年内ラストマッチで、1月に開幕するアジアカップに向けた最終テストの場となる。16日に行われたベネズエラ代表戦からはメンバー全員を変更。槙野智章、原口元気、伊東純也らが先発に名を連ねた。また、DF山中亮輔はこれがA代表デビュー戦となる。

    ■日本代表 キルギス戦スタメン

    ▼GK
    12 権田修一(サガン鳥栖)

    ▼DF
    20 槙野智章(浦和レッズ)
    5 山中亮輔(横浜F・マリノス)
    3 室屋成(FC東京)
    2 三浦弦太(ガンバ大阪)

    ▼MF
    8 原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    14 伊東純也(柏レイソル)
    18 三竿健斗(鹿島アントラーズ)
    17 守田英正(川崎フロンターレ)

    ▼FW
    13 北川航也(清水エスパルス)
    11 杉本健勇(セレッソ大阪)

    □控えメンバー
    ▽GK
    1 東口順昭(ガンバ大阪)
    23 シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

    ▽DF
    19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    4 佐々木翔(サンフレッチェ広島)

    ▽MF
    6 遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
    7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    21 堂安律(フローニンゲン/オランダ)
    9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    10 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)

    ▽FW
    大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00865965-soccerk-socc

    【先発11名全員変更! アジア杯前最後の一戦…山中が代表デビューへ】の続きを読む

    1 :muffin ★:2018/11/20(火) 19:14:09.00 ID:CAP_USER9.net
    大相撲九州場所は、11月11日に初日を迎えた。横綱の白鵬と鶴竜が休場し、
    1人横綱として健闘が期待された稀勢の里は、初日から4連敗を喫し、5日目から休場を発表した。
    横綱全員が休場する異常事態に、困惑している相撲ファンは多い。

    18日の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)では有吉弘行さんが、横綱3人が休場した件についてコメントした。

    「ファンの人は可愛そうだね。楽しみにしてたら横綱が誰もいない」と相撲ファンの心中を察し、
    「その代わり、混沌としてますから。誰が優勝するかわからない状況で、そういう楽しみ方がある」と一言。
    大本命を欠いている状況だからこそ、普段とは違った大相撲が楽しめると語った。(文:石川祐介)

    「若い子は、お相撲さんがモテるって分かってない。モテるよ」

    有吉さんは続けて「どうやったら良い横綱作れるんだろうね、日本出身の」と、
    怪我をしないで勝ち続けることのできる日本人横綱を誕生させる方法を思案する。

    「日本は一番運動神経が良いやつが野球かサッカーにいく。
    そこから、テニスにいったり、バスケ、バレー。で、そこからこぼれたけどなかなか強いやつが格闘技いったり。相撲にいく人が少ない」

    身体能力が優れている子供達は、野球やサッカーなどの人気スポーツに流れてしまうことが多い。
    確かに、こうした点も強い日本人横綱の不在に影響を与えているのかもしれない。

    また、力士を志す若者が少ない原因の1つとして、若い人が相撲を「モテる」スポーツだと思っていないことも指摘する。
    「若い子は、お相撲さんがモテるって分かってないんだよな。モテるよ、本当に。
    女の人って、鬢付け油の匂いが好きなんだって。良い奥さん連れてる人多いじゃない」
    と、力士を好きな女性は少なくないという持論を展開した。

    「運動神経良い人が他のスポーツに取られすぎ」

    また、有吉さんは「運動神経の良い人が来ないとダメだな。今取られすぎだわ、他のスポーツに」と"逸材"がいない現状を嘆く。
    アシスタントのタイムマシーン3号の山本浩司さんから「宇良くん(編注:宇良和輝さん。現在注目されている若手力士)とかどうですか?」と聞かれるも、

    「宇良くんはすごい運動神経良いけど、プロ野球選手になる人、サッカー選手になる人と比べたら多分アレだろ」と辛口なコメントをしていた。

    日本人横綱を誕生させるための秘策としては、
    「プロ野球とかサッカーの人気を無くさないといけない、相撲人気を復活させるには」

    と言う。他のスポーツの人気を低迷させ、相撲への注目度を相対的に上げるしかないという提案だ。
    「大谷翔平が相撲やってたら今は大横綱だよ」と、世界で活躍するスーパースターがもし力士になっていたら、と空想を膨らませていた。

    ちなみに、宇良力士は19日現在、無傷の5連勝を飾っている。横綱不在を感じさせない活躍を見せてくれるかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15620774/

    ★1が立った日時:2018/11/20(火) 13:15:45.05
    前 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542687345/

    【【相撲】有吉、日本人横綱の誕生には「野球やサッカーの人気を低迷させるしかない」「若い子はお相撲さんがモテるって分かってない」★2】の続きを読む

    1 :3倍理論 ★:2018/11/20(火) 18:45:19.13 ID:CAP_USER9.net
    アジア戦略におけるJリーグの強みはどこ?
    田岡 Jリーグのアジア戦略の発案者は、山下さんだと聞いています。どのような経緯でスタートしたのでしょうか。

    山下 私は2005年からJリーグに関わっているのですが、2009年にリーマンショックの影響で各クラブの経営が苦しくなる時期がありました。人口減少や高齢化も進む中で、当時のJリーグのビジネスモデルだけでは、この先やっていけないのではないかと危機感を持ったんです。そこで来場者収入、スポンサー収入に続く、第3の柱として海外に目を向けました。

    田岡 社内にアジア展開を提案されたときの反応は、どうでしたか。

    山下 当時の私は、Jリーグから外部委託を受けている身で、しかも業務とは違う領域でしたから、最初は「何だ、それ?」という雰囲気でした。Jリーグが培ってきたノウハウをアジアのサッカーリーグに提供してフィーをもらうという提案でしたが、私の説得力がなかったことが原因です。

    そこで当時、担当していたプロモーション業務にかこつけて出張の機会をつくり、帰りにタイのプロサッカーリーグを視察して写真や動画を撮影して報告書にまとめました。その熱意が認められたのか、最初に提案したときから1年半がかかりましたが、2011年4月に新規事業開発プロジェクトという部署が立ち上がりました。まだ海外もアジアという名称も付いていないのですが、アジアに調査に行けるようになったのです。

    田岡 業務委託の立場で、1年半も粘って説得し続けるなんてすごいですね。山下さんが、アジアに注目するきっかけは何ですか。

    山下 2009年頃に東南アジアを訪問したとき、リーマンショックなどが存在しなかったかのように成長していたことですね。Jリーグもアジアの成長を取り込むべきだと感じました。また、学生の頃、バックパッカーとしてアジア各国に滞在していたため、親近感を持っていたという理由もあると思います。

    田岡 Jリーグのノウハウを提供するという発想は、どこから生まれたのですか。

    山下 アジア展開の武器となる日本の強みについて考えたとき、最初は何も思い浮かばなかったんです(笑)。ヨーロッパの方が歴史もあり、観客数やスター選手も多い。それに対して日本は歴史が浅く、ようやくワールドカップの常連国になれたところです。

    しかし、そのとき気づいたのは、裏を返せば日本は1960~70年代、タイやマレーシアなどアジア各国より弱かったにも関わらず、Jリーグ誕生をきっかけに急激に成長したということです。世界でも短期間でこれだけの成長曲線を描いた国はありません。アジアという括りでJリーグを見ると、そのノウハウを提供できるのではないかと気づいたとき、弱みが強みに変わり、視界がパッと開けた感覚がありましたね。

    田岡 その発想の転換が、すばらしいですね。物事を多面的に見るためのフレームワークをお持ちなのですか。

    山下 私がよく使うのは、バリューカーブ(編集部注:商品開発力、資本力、マーケティング力など、自社と競合企業のビジネス上で重要となる項目を並べてグラフ化したもの)ですね。横軸に観客数やプレー水準、経営ノウハウなどの項目を入れて、縦軸にそのレベルを描いて、世界中のサッカーリーグの中のJリーグの立ち位置を分析しました。

    基本的には、ヨーロッパの国々の方が各項目のスコアは高いのですが、そもそも強豪国である欧州には、弱い国を短期間でワールドカップ常連国に成長させたリーグの経営や育成ノウハウはありません。アジア各国にとってそこに価値があるのではないかと思ったのです。ヨーロッパの国々もアジアに進出していましたが、現地の考えや風習を受け入れず、自分たちの方法を押し付ける傾向が強く、不満を持たれていたようです。

    【日の目を見る、Jリーグのアジア戦略「サッカーに投資すれば、日本企業の進出もうまくいく」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/20(火) 18:17:35.54 ID:CAP_USER9.net
     Jリーグは20日に行った理事会において、「Jリーグ規約第42条の補足基準」の撤廃を決定した。

     Jリーグ規約第42条は最強のチームによる試合参加を義務付ける、いわゆる“ベストメンバー規定”。「Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない」という箇所は残るが、「なお、第40条第1項第1号から第4号に定める公式試合における該当チームの詳細に関してが、『Jリーグ規約第42条の細く基準』に定めるものとする」という項目が削除される。

     これにより、制裁の対象にかわりはないが、違反したとしても1件につき1億円以下の制裁金が科されるということはなくなる。

    11/20(火) 16:53配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-05905080-gekisaka-socc

    【<Jリーグ>ベストメンバー規定の“制裁金”を撤廃!「その時点における最強のチームをもって試合に臨まなければ..」は残る】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/11/20(火) 18:26:59.21 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスは20日、「当社元社員による不正行為についてのお詫び」と題したリリースをクラブ公式HPに掲載した。

     Jリーグはこの日、横浜FMの元社員がクラブの資金約3300万円を私的流用したとして、同クラブにけん責及び制裁金300万円の処分を科していた。これを受け、横浜FMはクラブ公式HPで一連の不正行為について謝罪。経緯や再発防止策などについて、横浜マリノス株式会社の代表取締役社長を務める黒澤良二氏の名前で記している。

    「誠に遺憾ながら、当社の元経理担当社員が、2012年から2018年にわたる7年間、収入印紙(額面総額約3,300万円)を着服、換金し、私的に流用していたことが判明し、弁護士を起用の上、調査した結果、本人が全てを認めたため、6月11日付で懲戒解雇、9月18日付で当該元社員、弊社間で公正証書を作成のうえ、当該元社員が全額弁済していくことを取り決めました」

    「このような事態を招いた事を深く反省するとともに、ファン、サポーターの皆さま、パートナーの皆さまをはじめ、関係する全ての皆さまにご心配、ご迷惑をおかけする結果となりましたことを、心よりお詫び申し上げます」

    「弊社は、本件の原因究明を図るとともに、業務フローの見直し、チェック機能の強化等、再発防止策を策定・実施致しました。また、管理監督責任を明確にするため、社長の黒澤の報酬の20%を3カ月間減額いたします」

    「また本日、Jリーグより本件に対する制裁として、譴責並びに制裁金300万円の通達を受けましたことをあわせて報告させて頂きます」

    「当社では、今回の不正行為の発生並びにJリーグからの制裁を厳粛に受け止め、コンプライアンス意識の徹底、内部統制の更なる強化に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」

    11/20(火) 17:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00866022-soccerk-socc

    【<横浜Fマリノス>元社員の3300万円私的流用を謝罪!当該元社員が全額弁済へ...】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2018/11/20(火) 18:23:29.12 ID:CAP_USER9.net
    11/20(火) 18:22配信
    日本代表、ベネズエラ戦から大幅変更!キルギス戦のスタメン発表…山中亮輔がデビュー
    ベネズエラ戦から大幅変更で初先発の選手も

    日本サッカー協会(JFA)は20日、ベネズエラ戦に臨む日本代表のスターティングメンバーを発表した。

    史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

    森保ジャパンにとって来年1月に開幕するアジアカップに向けて最後の2試合となる11月シリーズ。16日に行われたベネズエラ戦では現段階でのベストメンバーと思われる11人を送り出し、1-1のドローに終わった。

    そして、メンバー発表時に「1人でも多くの選手にプレーしてもらうという考えを持っている」と語っていた通り、キルギス戦ではベネズエラ戦で出場機会のなかった選手たちの多くが出番を得ることになった。

    スターティングメンバーは予告どおり、ベネズエラ戦で出番のなかった選手たち中心に。ディフェンスラインでは山中亮輔が代表デビューとなった。前線では北川航也が初先発、最前線に立つ杉本健勇とコンビを組んだ。

    キルギス戦は豊田スタジアムで19時20分にキックオフを迎える。

    スターティングメンバーは以下の通り。

    【日本代表 スターティングメンバー】

    ■GK
    12 権田修一/サガン鳥栖

    ■DF
    20 槙野智章/浦和レッズ
    3 室屋成/FC東京
    2 三浦弦太/ガンバ大阪
    5 山中亮輔/横浜F・マリノス

    ■MF
    14 伊東純也/柏レイソル
    18 三竿健斗/鹿島アントラーズ
    8 原口元気/ハノーファー(ドイツ)
    17 守田英正/川崎フロンターレ
    13 北川航也/清水エスパルス

    ■FW
    11 杉本健勇/セレッソ大阪

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010009-goal-socc

    【≪スタメン発表≫ 日本代表、ベネズエラ戦から大幅変更!キルギス戦のスタメン発表…山中亮輔がデビュー】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2018/11/20(火) 16:57:18.51 ID:CAP_USER9.net
    11/20(火) 16:48配信
    デイリースポーツ

     故障者が続出しているサッカーイタリア1部リーグのACミランが、元スウェーデン代表で米МLSロサンゼルス・ギャラクシーのFWイブラヒモビッチの獲得に乗り出す。20日のガゼッタ・デロ・スポルトなど、イタリア主要スポーツ紙が報じた。

     同紙などによると、ミランのスポーツ・ディレクターレオナルド氏らとイブラヒモビッチの代理人ライオラ氏が、話し合いに入っている。

     イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランでプレーし、2011年のスクデット獲得に貢献した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000092-dal-socc

    【故障者続出ACミランがイブラヒモビッチ獲得へ】の続きを読む

    このページのトップヘ