1 :Egg ★:2018/10/24(水) 08:58:38.52 ID:CAP_USER9.net
    GKというポジションの重要性は、一昔前より確実に増している。ただ単に自軍のゴールマウスに立ちはだかり、相手のシュートを防ぐだけでなく、ビルドアップにも寄与することでチームの攻撃を組織する役目も求められている。

     そんな現代サッカーにおいて、最強のGKは一体誰なのか? ファンならば誰もが一度は考えたことがあるこの疑問に答えたのは、パリ・サンジェルマンの守護神であるジャンルイジ・ブッフォンだ。

     1995年にパルマでプロキャリアをスタートさせて以来、サッカー界屈指の実力派GKとして君臨してきたブッフォン。17年間プレーしたユベントスを離れ、今夏から加入したパリSGでも、公式戦6試合で三度のクリーンシートを記録。40歳ながら、その実力と存在感が健在であることを証明している。

     そんなサッカー史にも名を残すであろうレジェンドGKは、フランスのテレビ局「Canal+」のサッカー専門番組『Canal football club』に出演した際に、「今、君が思う最強のGKは誰? 3人挙げて欲しい」と問われ、「僕は政治家じゃないから選べないよ(笑)」と苦笑いを浮かべつつも、次のように列挙した。

    「ノイアーは間違いない。あと2人はオブラクとアリソンだろうね」

     いずれも水準以上のセービング能力を持ち、なおかつ現代サッカーのGKに求められるキック能力も有しているGKの名を挙げたブッフォンだが、「それ以外にも良いGKは大勢いる」と、さらに続けている。

    「3人しか本当に選べないのかい? もし、そうだとしたら他の100人については忘れないといけない。他にもデ・ヘア、ナバス、クルトワは良い。それからロリスもワールドカップを手にし、それに値するだけの実力を持つGKだね。今は、優れた力を持ったGKたちが多くいる時代。3人にしか言及できないのは残念だよ」

     今月9日には、フランス全国紙『L'Équipe』の取材に「人生ってものは毎日進んでいく。だから、辞めるのが6か月後なのか1年後なのか、はたまた10年後なのか。どれだってあり得る」と、50歳までの現役プランを明らかにしたブッフォンは、老いてなお意気軒昂といったところだ。台頭する後輩たちに負けないプレーぶりをまだまだ期待したい

    2018年10月24日 6時23分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15489194/

    【<名手ブッフォンが選ぶ現代最強のGKベスト3は一体誰?> 「ノイアーは間違いない。それから…」】の続きを読む

    1 :nita ★:2018/10/24(水) 07:50:41.35 ID:CAP_USER9.net
    10/23(火) 19:50配信
    毎日新聞

     愛媛県大洲市の私立帝京第五高校サッカー部で、監督の男性教諭が生活態度が悪い部員への「指導」として丸刈りを命じていたことが学校への取材で明らかになった。学校側も把握していたが、今年4月に県に匿名で相談があるまで事実上、黙認していた。学校は「監督は懲罰でなく激励のつもりだったが、改めて体罰と判断した」としている。

     学校によると、監督は宿題を忘れたり言葉遣いが悪かったりして学校や寮などでの生活態度に問題があると判断した部員に対し、丸刈りを命令。部員が自らバリカンを使って髪の毛を切るなどしていた。「指導」は数年前に始まったとみられ、昨年度は9人が丸刈りになったという。

     学校側は県からの連絡を受け、5月に全職員に聞き取りをしたが、他の部活で同様の事案はなかった。満尾大二教頭は「部員が納得しているのであれば問題ないという認識だったが、髪の毛も身体の一部なので体罰と捉えてやめた」と話している。

     監督は保健体育を担当しており、約10年前、教諭採用と同時に監督に就任。数年でサッカー部を県大会上位常連校に鍛え上げた。

     体罰問題に詳しい増田修治・白梅学園大教授(教師教育論)は、「髪形については生徒本人に自己決定権があり、教諭に自覚がなくても無理やり丸刈りを命じれば体罰にあたる。ただ、同様の例は他の学校にもあるのではないか。何が体罰にあたるか、校内や保護者などで議論したうえで、認識を共有すべきだ」と話している。【花澤葵、中川祐一】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000086-mai-soci

    【生活態度悪いと丸刈り命じる体罰 帝京第五高サッカー部】の続きを読む

    1 :れいおφ ★:2018/10/24(水) 08:38:51.39 ID:CAP_USER9.net
    レアルからユベントスに移籍した身として古巣言及は回避「適切な時期ではない」

    ユベントスは現地時間23日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージの大一番、
    敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を迎える。
    古巣との対決となるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは前日会見に出席。

    不調のレアル・マドリードについても言及し、元同僚のスペイン代表MFイスコの発言に同意しながらも
    「レアル・マドリードについて話すのは僕じゃない」と返答した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

    事の発端となったのは、レアルのイスコが23日のCLグループステージ第3節プルゼニ戦の前日会見で発した言葉だった。
    公式戦5試合勝利なし(1分4敗)という泥沼に陥り、フレン・ロペテギ監督の解任説が浮上しているなか、イスコは選手たちにも責任はあると主張。

    さらに「過去のことについて涙を流す必要はない。
    レアルはここにいたくない誰かのために涙を流すことはできない」とC・ロナウドを暗に揶揄するような発言をしていた。

    これについて問われたC・ロナウドは「いいね、いいね。泣くことはできないよ」と同調。
    一方で、この質問をレアルからユベントスへと移籍したばかりの自分に聞くべきではないという考えを明かした。

    「レアルについて尋ねるのは本当に適切な時期ではない。
    レアルについて話すのは僕じゃないんだ。(イスコの発言に関しては)僕はそれでいいと思っているよ」

    レアルはC・ロナウドの退団で得点力低下が大きな課題となっている。
    もういない元エースのことは忘れて、今在籍している選手たちで新たなステップを踏めるだろうか。

    https://www.football-zone.net/archives/143295

    関連記事
    イスコ「C・ロナウド?レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000019-goal-socc
    クリスティアーノ「イスコは正しい。彼らに泣いている暇はないよ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010000-mdjp-socc

    【イスコ「レアルにいたくなかった誰かのことで泣いてもしょうがない」→C・ロナウド反応「イスコは正しい」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/24(水) 05:35:19.76 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグのレスターが、ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)の獲得に動き出したことが23日、分かった。ポルトガルで昨季10得点12アシストの成績を残し、今季は森保一監督(50)率いる新生日本代表で10番を任される実力が評価され、早ければ今冬にも正式オファーが届く。欧州で注目される中島の移籍先候補に15-16年シーズンのイングランド王者も加わった。

       ◇   ◇   ◇

    日本代表で人気急騰中の中島に、元プレミア王者レスターが触手を伸ばす可能性が出てきた。アジア事情に詳しいプレミアリーグ関係者によると、現在11位のレスターが起爆剤として獲得を検討。早ければ来年1月の移籍成立を目指し、中島の代理人テオ氏と接触する見通しになっているという。FW岡崎が15年に加入した際の移籍金1200万ユーロ(約17億円)を上回る2000万ユーロ(26億円)を準備した、との情報もある。

     水面下で動いている人物は旧知のフランス人のようだ。今季からレスターでコーチを務めているのが、日本代表でハリルホジッチ元監督の右腕だったジャッキー・ボヌベー氏。在任中にポルトガルリーグの視察を重ね、中島を推薦した実績がある。進言通り、A代表初招集となった今年3月の親善試合マリ戦で中島は初出場初得点をマークした。

    その後、体制が変わって2人ともW杯ロシア大会出場を逃したものの、縁は続いていた。ボヌベー氏が今週末26日のナシオナル対ポルティモネンセを視察する計画があり、中島との再会が獲得レース参戦に急進展するかもしれない。レスターは岡崎が在籍4年目を迎え、ピュエル監督も17年夏までDF吉田のサウサンプトンを指揮していた。日本人への理解あるクラブだ。

    プレミア挑戦の壁となる労働許可証の取得も、新生代表に定着した上、欧州内の移籍では条件が緩和される例が多く、レスター側は取得可能と考えているようだ。昨季は29試合に先発し、10得点12アシスト。今季も9月のリーグMVPに輝くなど、緩和に値する評価は得られそうだ。

    移籍先は欧州内でも報道が過熱している。今春にAマドリード、ドルトムントなどが調査を始め、現在もセビリアやポルトガル3強のポルト、ベンフィカ、スポルティングが注目。欧州CL常連のウクライナ1部シャフタル・ドネツクからは既に正式オファーが届いている模様だ。スペイン国内の報道によると、中島の移籍金は4000万ユーロ(52億円)まで高騰している。

    その中で新生日本代表の10番を背負い、左MFで先発した9、10月の2試合で計4点に絡んだ中島は、長友から「ドリブルお化け。ビッグクラブに行ける能力がある」と称賛された。本人は「欧州CLに出るようなチームに行くことは選手として大事。ただ、楽しむことが1番」と話し、焦りはない。今冬だけでなく来夏の移籍市場も見据え、慎重に新天地を見極めるつもりだ。一方で周囲は騒がしさを増す。レスター参戦で「中島争奪戦」は、より大きなうねりになっていく。

    10/24(水) 4:42配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00370848-nksports-socc

    写真


    【<中島翔哉>獲得にレスター本腰!移籍金26億円用意か?早ければ今冬にも正式オファー】の続きを読む

    1 :久太郎 ★:2018/10/24(水) 05:57:59.43 ID:CAP_USER9.net
    グループE
    AEKアテネ 0-2 バイエルン
    [得点者]
         ハビ・マルティネス(後半16分)
         ロベルト・レヴァンドフスキ(後半18分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217499

    アヤックス 1-0 ベンフィカ
    [得点者]
    ノウセア・マズラウイ(後半47分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217500



    グループH
    ヤングボーイズ 1-1 バレンシア
    [得点者]
    ギョーム・オアロ(後半10分)ミシー・バチュアイ(前半26分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217505

    マンU 0-1 ユベントス
    [得点者]
            パウロ・ディバラ(前半17分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217506



    グループF
    ホッフェンハイム 3-3 リヨン
    [得点者]
    アンドレイ・クラマリッチ(前半33分) ベルトランド・トラオレ(前半27分)
    アンドレイ・クラマリッチ(後半2分) タンギー・ヌドンベレ(後半14分)
    ジョエリントン・カッシオ(後半47分)  メンフィス・デパイ(後半22分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217501


    シャフタール 0-3 マンC
    [得点者]
           ダビド・シルバ(前半30分)
               アイメリック・ラポルテ(前半35分)
               ベルナルド・シウバ(後半26分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217502


    グループG
    ローマ 3-0 CSKAモスクワ
    [得点者]
    エディン・ジェコ(前半30分)
    エディン・ジェコ(前半43分)
    ジェンギズ・ウンデル(後半5分)

    ※後半44分に西村拓真出場
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217503

    レアル・マドリード 2-1 プルゼニ
    [得点者]
    カリム・ベンゼマ(前半11分) パトリック・フロソフスキー(後半34分)
    マルセロ(後半10分)
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217504


    UEFAチャンピオンズリーグ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41


    【UEFA-CL第3節1日目 マンU×ユベントス、レアル×プルゼニ、マンC×シャフタール、アテネ×バイエルン等 結果】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/24(水) 06:15:43.30 ID:CAP_USER9.net
     ◆ACL ▽準決勝第2戦 水原三星―鹿島(24日・水原ワールドカップスタジアム)

     【水原(韓国)23日=岡島智哉】初の決勝進出を目指し、第1戦を3―2で折り返した鹿島は24日、当地で水原三星との第2戦を迎える。ファウル覚悟の激しい球際の攻防を持ち味とする水原に対し、選手たちは口々に「闘争心」の重要性を強調。FW鈴木優磨(22)は「俺は逃げるのが嫌い。自分たちから仕掛けていく」と闘志を燃やした。

     第1戦では相手の勢いにのまれ、試合開始6分で2失点。3点を奪い逆転に成功したものの、“カンフーサッカー”とも揶揄(やゆ)される激しい肉弾戦に持ち込もうとする水原に苦戦した。鈴木は「先制点が奪える試合運びをしないといけない」と語り、日本代表MF三竿健斗(21)は「ボールを奪うところで相手を制圧したい」と力を込めた。

     「ジーコさんが言うように、最後に頂点に立たないと意味がないので。勝って決勝進出を決めたい」とDF昌子源(25)。激戦必至の日韓戦を制し、アジアの頂点へ王手をかける。

    写真
    10/24(水) 6:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000190-sph-socc

    【<鹿島アントラーズ>アジア制覇へ!激戦必至の日韓対決!FW鈴木優磨「俺は逃げるのが嫌い」引き分け以上で決勝進出】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/23(火) 20:40:44.02 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会(JFA)は23日、ベルギーサッカー協会(KBVB)とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。

    調印式は同日にベルギーのブリュッセルにあるKBVBで行われ、JFAの田嶋幸三会長が出席。調印日となる2018年10月23日から2年間の協定を結ぶ(最長で5年間)。

    協定内容には、各カテゴリー代表チームのキャンプ、交流試合などに加えて、指導者養成やユース育成など11項目が含まれている。

    JFAは「今回の締結により、両者の関係をさらに強固にし、両国のサッカー発展のため、さらなる相互協力を図っていきます」とコメントしている。

    ベルギーは最新のFIFAランクでフランスと並んで1位の強豪。日本代表はロシアW杯のラウンド16でベルギーと対戦し、2-3で敗れていた。ベルギーは最終的に3位で大会を終えている。

    なお、JFAとヨーロッパのパートナーシップ締結は、今回のベルギーを含めて8つ目となった。

    10/23(火) 20:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00010003-goal-socc

    【<日本サッカー協会>FIFAランク1位のベルギーとパートナーシップを締結!ロシアW杯では16強で対戦】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/23(火) 20:52:57.08 ID:CAP_USER9.net
    堅守を誇る川崎相手に前半で3ゴールも、大量5失点で逆転負け

    豪雨が降りしきる等々力陸上競技場で試合前に注目を集めたのは、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの4試合ぶりの先発復帰だったが、この日、良い意味でも悪い意味でも強い印象を残したのは、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだった。


    「1試合で3点を奪って勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中で一番やってはいけない相手とやってしまった」

     新たに神戸の指揮官に就任したフアン・マヌエル・リージョ監督は、20日に行われたJ1第30節の首位川崎フロンターレ戦に3-5で敗れた試合後、悔しそうな表情を浮かべた。

    「ルーカス、アンドレス、三田、藤田の4人で中盤を組ませ、相手の中盤への圧力を強めるシステムで試合を進めることができた。70分までは我々のゴールから遠いところでボールを奪うことができていた」

     前半は神戸にとって理想的な展開となった。2失点を喫するもリーグ最小失点を誇る川崎から35分間で3ゴール。川崎が今季のリーグ戦で3点を奪われたのは、この試合が初めてのことだった。

     4-4-2の中盤ダイヤモンドを形成するシステムでトップ下にポドルスキを配置し、イニエスタとポドルスキが近い距離でプレーできたことにより、チームにリズムをもたらすことができていた。特にポドルスキのゴールへの関与は、特筆すべきものだった。

     前半15分に1-1の同点とした場面では、イニエスタの浮き球パスをボックス内で構えていたポドルスキが落としたところから相手DFのオウンゴールを誘発。同28分にもイニエスタからポドルスキにボールが渡り、そこから鋭いグラウンダーのパスが供給され、FW古橋亨梧のゴールが生まれた。

     さらに、同35分にもカウンターの場面でイニエスタのパスを受けたポドルスキがドリブル突破で左サイドに持ち運ぶと、大きなサイドチェンジを敢行。MF三田啓貴のゴールをアシストした。3得点全て「イニエスタ→ポドルスキ」の流れから生み出された。データ分析会社「InStat」によれば、イニエスタからポドルスキへのパス17本も、チーム内最多の数値となっている。そして、ポドルスキは実質3アシストを記録する活躍を見せ、ロングボール配球も8本中8本と成功率100%を叩き出した。

    つづく

    10/23(火) 20:10 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00143283-soccermzw-socc

    【<“迷走”ヴィッセル神戸>イニエスタ復帰も7戦未勝利...データで浮かぶ「ポドルスキ起用の明と暗」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/23(火) 19:06:34.67 ID:CAP_USER9.net
     清水エスパルスは23日、ブラジル人FWクリスランの負傷を発表した。

     クリスランは20日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第30節・サンフレッチェ広島戦に先発出場したが、37分に負傷交代していた。静岡市内の病院で検査を行った結果、右ひざ前十字じん帯損傷と診断されている。全治までは8カ月を要する見込み。

     同選手は昨季、SCブラガ(ポルトガル)からベガルタ仙台に期限付き移籍で加入し、J1リーグ戦29試合出場8ゴールをマークした。昨季限りで仙台への期限付き移籍期間が満了し、今季より清水でプレー。ここまではJ1リーグ戦24試合出場5ゴールを記録していた。

    10/23(火) 16:37 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00852369-soccerk-socc

    【<FWクリスラン(清水エスパルス)>全治8カ月の大ケガ!右ひざ前十字じん帯を損傷...】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/23(火) 19:15:53.86 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は10月23日、ノルウェー女子代表との国際親善試合(11月11日/鳥取市営サッカー場バードスタジアム)に臨む日本女子代表のメンバーを発表した。

     なでしこジャパンこと日本女子代表は、8月にインドネシアで開かれたアジア大会で見事に金メダルを獲得。岩渕真奈、鮫島彩、長谷川唯ら主軸メンバーが引き続き名を連ねている。海外組からは熊谷紗希、宇津木瑠美、川澄奈穂美、猶本光らが選出された。

     また今年8月に開催されたU-20女子ワールドカップで世界一に輝いたメンバーから4名がメンバー入り。南萌華、遠藤純の初招集ふたりの他、長野風花、宮澤ひなたが選ばれた。
     メンバー発表会見に登壇した高倉麻子監督は、「即戦力となり得る選手がたくさんいた。今回は4名参加してもらいます。南に関しては、高さもありますし、育成年代から見ていますけど、安定している。キャプテンを務めリーダーシップも。長野は視野の広さ、サッカー理解も高いものを持っている。今の選手を脅かす選手になってほしい。宮澤はドリブルで非凡なものを持っている。持ち込んでシュートという武器もある。そこを前面に出してほしい。遠藤は宮澤と同じ役割。独特のドリブルからシュートに持ち込む形を持っている」と、U-20ワールドカップ優勝メンバーの選出理由を述べている。
     
     また今回の相手ノルウェーは、FIFAランキング13位(日本は7位)の古豪。ランキングでは日本よりも格下だが、高倉監督は「チーム力は上向きだという印象」と警戒を強める。「自分たちがボールを動かして主導権を握っていけるか」をテストし、チームの完成度を高めていくという。
     
     さらに、「持っている特長をチームの中でどのように出していけるかを、見極めて、植え付けていきたい。選手には2つ、3つのポジションをこなせたり、ユーティリティとスペシャリティを求めながら今後はチームを作っていきたい」とこれからのビジョンを語った。
     
     ノルウェー戦に挑むメンバー28人は以下のとおり
     
    GK
    1 池田咲紀子(浦和L)
    18 山下杏也加(ベレーザ)
    21 平尾知佳(新潟L)
     
    DF
    2 宇津木瑠美(シアトル・レイン=USA)
    3 鮫島 彩(INAC)
    4 熊谷紗希(リヨン=FRA)
    5 市瀬菜々(マイナビ仙台)
    22 清水梨紗(ベレーザ)
    23 國武愛美(ノジマステラ)
    24 三宅史織(INAC)
    26 南 萌華(浦和L)
     
    MF 
    6 有吉佐織(ベレーザ)
    7 中島依美(INAC)
    9 川澄奈穂美(シアトル・レイン=USA)
    12 猶本 光(フライブルク=GER)
    14 長谷川唯(ベレーザ)
    15 阪口萌乃(新潟L)
    17 三浦成美(ベレーザ)
    25 杉田妃和(INAC)
    27 長野風花(仁川現代=KOR)
     
    FW
    8 岩渕真奈(INAC)
    11 田中美南(ベレーザ)
    13 菅澤優衣香(浦和L)
    16 籾木結花(ベレーザ)
    19 増矢理花(INAC)
    20 横山久美(長野L)
    28 宮澤ひなた(ベレーザ)
    29 遠藤 純(JFAアカデミー福島)

    10/23(火) 14:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00049163-sdigestw-socc

    【<なでしこジャパン>ノルウェー戦の28名発表!”U-20W杯優勝組”からは長野ら4名が選出】の続きを読む

    このページのトップヘ