1 :久太郎 ★:2018/08/15(水) 21:31:10.59 ID:CAP_USER9.net
    横浜FM 1-2 名古屋
    [得点者]
    4' ジョー  (名古屋)
    49' 松原 健(横浜FM)
    90' ジョー (名古屋)

    スタジアム:日産スタジアム
    入場者数:24,527人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2018/081509/live/#live



    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    【【サッカー】J1第22節夜2 横浜FM×名古屋 結果】の続きを読む

    1 :動物園φ ★:2018/08/15(水) 20:31:19.02 ID:CAP_USER9.net
    娘たちが原爆のことを理解するまで。湘南MFミキッチ、日本でプレーを続ける理由
    08.15 11:00
    LINE NEWS編集部
     
    3日、神奈川県平塚市・馬入ふれあい公園。
    気温35度を超える暑さの中、練習を終えた湘南ベルマーレMFミハエル・ミキッチは「フウ、アツイネ」と笑ってみせた。

    「平和」について、考えを聞きたい。
    そう伝えると「ちょうど昨日、家族を広島に送り出したところなんですよね」と明かした。

    愛車の後部座席のドアを開け、乗るようにうながす。
    向かった先は平塚駅南口、行きつけのイタリアン・レストラン。

    早々に注文を済ませると、柔和だった表情を引き締めて、切り出す。

    「私の家族は、自分たちが何をすべきかを知っています。それは自分の言葉で、原爆の恐ろしさを世界に伝えることです」

    「彼女たちが小さいころから、私は広島の平和記念公園に、毎日散歩に連れて行っていました」

    遠い目で、ミキッチは振り返る。

    妻のリュプカ・ゴイッチさんのインスタグラムより
    昨年まで、サンフレッチェ広島に9年間在籍。
    並外れた走力を武器に、3度のリーグ優勝に貢献した。

    J史上屈指の優良外国人選手。
    だが元をたどれば、母国クロアチアでは「次世代のスピードスター」と期待される存在だった。

    ミキッチはマンチェスターUのベルグ(左)とベッカムの間を突破する(ロイター/アフロ)

    世代別の代表でも活躍。
    名門ディナモ・ザグレブでは、後にロシアW杯でMVPに輝くことになるモドリッチも兄貴分と慕う存在だった。

    【【サッカー】娘たちが原爆のことを理解するまで。湘南MFミキッチ、日本でプレーを続ける理由】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 19:32:38.39 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグは15日、第22節の9試合を開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

    試合は15分、FWパトリックのゴールで広島が先制する。すると神戸は17分、中央のFWルーカス・ポドルスキからのパスを、アンドレス・イニエスタがペナルティエリア左で受ける、するとイニエスタは中央に向かってドリブルをして右足を振り抜く。

    イニエスタのシュートはゴールネットを突き刺し、神戸は1-1に追いついた。

    イニエスタは前節・ジュビロ磐田戦に続き、2試合連続でのゴールとなった。

    8/15(水) 19:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010003-goal-socc

    写真

    【【サッカー】<イニエスタ>右足一閃…ポドルスキのパスから2試合連続ゴール!★★】の続きを読む

    1 :アブナイおっさん ★:2018/08/15(水) 19:37:58.50 ID:CAP_USER9.net
    本田は、2012年からサッカー教室「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」を中国やカンボジア、タイなど合わせて世界80カ所以上で展開中。
    サッカーを通じて教育分野へ貢献している本田

    「本田選手がうちの議員らと会談することは、もはや珍しく感じなくなってきた」と話すのは、自民党中堅議員。続けてこう話す。

    「2016年7月に、本田選手は安倍総理と面会。そのとき、『本気で一度、政治家になろうと考えた』と話した。
    この発言があってから、引退後に出馬しないかと水面下で打診する動きが複数あったようだ。本田選手は今のところ、そのつもりはないようだけど」

     本田は昨年6月にも財務省を訪れ、麻生太郎副総理兼財務相と会談。「政治とは関係ない話をさせていただいた」としつつ、
    「すごく影響力のある人にできるだけ会いたい、学びたい、いろいろ盗みたい。自分がこんな人間だと覚えてもらうことだけが目的だったので、
    それは果たせたと思う」と会談後に記者団に語っている。

    前出・中堅議員はこう話す。

    「たしかに今は、自身の社会的な活動に結びつくような人脈作りのつもりなのかもしれない。
    ただ、もともと政治や社会問題への関心が強く、SNSでの発信も増えている。選挙区の都合さえつけば、ぜひウチから出て欲しいね」

     本田はかつて新聞のインタビューにこう話している。

    「オレがいう本物とは政治家のことであったりする。彼らは税金から給料を得ている。
    日本では、日本の政治家こそがスターであるべきだってこと。本物とは何かということに対してもっと真剣に考え、議論する必要があるんじゃないか」

     ビックマウスと揶揄されようとも、結果を重ねてきた本田。闘うピッチが永田町になる日は、意外と遠くないのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00010003-flash-ent

    【【サッカー】安倍首相とも麻生副総理とも面会「本田圭佑」の政界転身計画】の続きを読む

    1 :豆次郎 ★:2018/08/15(水) 17:23:39.58 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードを率いるフレン・ロペテギが、同クラブに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて言及した。14日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     8月15日に行われる、アトレティコ・マドリードとのUEFAスーパーカップを前にロペテギ監督がインタビューに応じた。今夏にユヴェントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが担っていたエースとしての役割を求められているベイルについて聞かれると「ベイルは私たちが愛している選手だ。彼はここで長い間、厳しい練習に励んでいる。彼にはモチベーションがあり、チームを構成する重要な選手である」

    「ベイルのような偉大な選手が必要だ。彼の働きと姿勢に満足している。彼は、あらゆる面でとてもプロフェッショナルな選手であり、若手選手のようなモチベーションで練習しており、チームを大いに助けている」と同選手を称賛した。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180815/812999.html

    【【サッカー】レアル・マドリードを率いるロペテギ監督、新エースのギャレス・ベイルに期待「彼の姿勢はユース選手のよう」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 14:57:07.32 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは今夏、数あるオファーの中からJ1サガン鳥栖への加入を決断したが、フランスの名門リールも獲得目前まで迫っていたという。フランスのサッカーサイト「MadeinFOOT」が報じている。

    【写真】海外紙も「すでにチャンピオン」と特集! 元スペイン代表の鳥栖FWトーレス、高橋陽一氏から受け取った“キャプテン翼自画像”

     昨季限りでアトレチコ・マドリードを退団したトーレスは7月、鳥栖への移籍を発表。入団会見では、新天地に日本を選んだ理由を「最初に関心を示してくれたため」と説明していた。

     トーレスの元には鳥栖以外にも、中国やアメリカ、オーストラリア、ドイツ、イングランド、スペインからも関心があったことが報じられていた。しかし、記事ではフランス紙「レキップ」に基づき、リーグ・アン優勝経験もあるリールが6月初めにオファーを提示し、一時は獲得目前に迫ったと言及。そして、「リールに移籍するという誘惑よりも、最終的にサガン鳥栖に加入する決断をした」と心変わりの様子も伝えている。

     その後、リールはトーレスから元フランス代表FWロイク・レミー(ラス・パルマス)に変更して獲得に至ったという。“神の子”の獲得は叶わなかったが、現地時間11日に行われたレンヌとのリーグ開幕戦に3-1で勝利し、新シーズンは白星スタートを飾っている。

    8/15(水) 14:40 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00128497-soccermzw-socc

    写真

    【【サッカー】<F・トーレス(サガン鳥栖)>フランスの名門と合意目前の過去! Jリーグを選んだ理由は…】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 15:04:42.39 ID:CAP_USER9.net
    英国リーグ杯の初戦が14日、英国各地で行われ、日本代表MF井手口陽介(21)が所属するリーズは、ホームでボルトンと対戦。13日にU―23の試合(対コベントリー)に90分フル出場した井手口はベンチ外だった。試合は前半2点を奪ったリーズが2―1で逃げ切り、2回戦に駒を進めた。

     14日のリーグ杯をベンチ外だった井手口は、13日のU23戦にはフル出場。2―1で勝ったが、2点目をピンポイントクロスでアシスト。自身もミドルシュートを枠内に蹴り込むなど見せ場をつくった。

     もっともU―23戦での活躍も、ビエルサ監督はリーグ杯戦直後の会見で「井手口の残留はまだ決まっていない。8月いっぱいかけて(クラブと井手口の)両者にとって最善の道を選びたい」と語り、態度を保留。井手口の未来は、まだ確定していない。

    8/15(水) 12:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000059-sph-socc

    【【サッカー】<井手口陽介>リーズ残留か移籍か? 結論は8月いっぱいかけ決定!】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 15:21:20.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のサッカー日本代表・宇佐美貴史選手の妻で女優の宇佐美蘭が14日にトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、夫の愚痴を披露し、ネット上で物議を醸している。

     この日は「ややこし夫VSイライラ妻」として、スタジオに登場したゲストがお互いの夫・妻に関するトークを展開。そんな中、「イラッとくる夫の言動」というトークテーマで話を振られた宇佐美蘭は「主人が、海外旅行が嫌い」とコメント。宇佐美選手は現在ドイツのサッカーチームでプレーしており、車で海外旅行に行ける環境にあるものの、全く行こうとしないところにイライラすると話した。

     さらに、宇佐美蘭は「オフの日ぐらい楽しませろって思うじゃないですか。もっと私をもてなせよって思うんですよ」と宇佐美選手を非難。明石家さんまはじめスタジオの共演者が「サッカーで疲れてると思う」とフォローしても、「こっちは育児毎日してるんですよ」「サッカーは一日の練習時間は2時間とかそんなもんなんですよ。だからほとんど家で過ごしてる時間が多いから」となおも反論していた。このトークを見かねたジャングルポケットの斉藤慎二が「休んだりすることも練習というか仕事だから」「スター選手ってオンなんですよ常にきっと。オフにできないんですよ」と宇佐美選手フォローするも、「何も知らないじゃないですか!」とバッサリ。他の共演者の説得も聞こうとせず、頑なな態度を取り続けていた。

     一方、この放送に対し視聴者からは「宇佐美が可哀想。支えるつもりがない。日本代表の妻なのに」「宇佐美の奥さんとても感じが悪かった。不快にしかならなかった」「スポーツ選手の妻なのにありえない。わがまま言う前に夫を支えなよ」といった批判が続出してしまった。

     サッカー日本代表に選出されるほどの選手の妻なのに関わらず、夫の仕事を支えようとしていないと感じたサッカーファンも多かった模様。ネット上にはいまだ批判の声が書き込まれている。

    写真


    2018年8月15日 12時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15161600/

    【【サッカー】<もっと私をもてなせよ!>夫・宇佐美貴史の愚痴噴出の妻に、視聴者ドン引き!「日本代表の妻なのに」「ありえない」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 12:04:05.20 ID:CAP_USER9.net
    川崎――小林は2試合で3ゴールと好調を維持

    J1リーグ22節
    川崎フロンターレ - サガン鳥栖
    8月15日(水)/19:00/等々力陸上競技場

     
    川崎フロンターレ
    今季成績(21節終了時):3位 勝点39 12勝3分5敗 29得点・16失点
     
    【最新チーム事情】
    ●3日間の準備期間で1日はオフにし、コンディションの回復を図った。
    ●小林が好調を維持しているのは頼もしい。
    ●守備陣はF・トーレスにJ初ゴールを与えたくないと警戒。
     
     
    【担当記者の視点】
     2-1で競り勝った清水戦から中3日で迎えるが、試合翌日はオフにし、コンディションの回復を図った。チームは2連勝中と再び上昇気流に乗っており、エースの小林もここ2試合で3ゴールと調子を上げているのは好材料だろう。
     
     一方、守備陣が警戒しているのはやはりF・トーレスで、J初ゴールを奪わせたくないと燃えている。

    【PHOTO】川崎フロンターレを応援する美女サポーターたち

    川崎|今シーズン詳細スタッツ

    J1リーグ22節
    川崎フロンターレ - サガン鳥栖
    8月15日(水)/19:00/等々力陸上競技場
     
    サガン鳥栖
    今季成績(21試合終了時):16位 勝点15 5勝6分10敗 17得点・24失点
     
    【最新チーム事情】
    ●C大阪戦、浦和戦と連勝。調子を上げている。
    ●中断明けはセットプレーから2得点も、流れの中でのゴールはいまだなし。
    ●F・トーレスと金崎の2トップは日に日に連係が良化。
    【担当記者の視点】
     C大阪戦に続き、浦和戦でも1-0で勝利し勝点3を積み上げた。順位も自動降格圏を脱して、16位まで浮上。前々節にフィッカデンティ監督が「これで鳥栖の今シーズンの再スタートが切れた」と言うとおり、ここから弾みをつけたい。
     
     ただし2試合ともCKからの得点をあげた一方で、期待されているF・トーレスと金崎のゴールは生まれていない。そろそろ彼らの得点を見たいところだ。前線のクオリティを活かす指揮官の采配にも注目したい。

    8/14(火) 21:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00045616-sdigestw-socc

    ■J1第22節 試合日程
    19:00 ベガルタ仙台 vs 湘南ベルマーレ(ユアスタ)
    19:00 浦和レッズ vs ジュビロ磐田(埼玉)
    19:00 FC東京 vs 柏レイソル(味スタ)
    19:00 川崎フロンターレ vs サガン鳥栖(等々力)
    19:00 ガンバ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌(吹田S)
    19:00 セレッソ大阪 vs 清水エスパルス(金鳥スタ)
    19:00 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島(ノエスタ)
    19:00 V・ファーレン長崎 vs 鹿島アントラーズ(トラスタ)
    19:30 横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス(日産ス)

    見逃せない“タレント軍団”対決。王者川崎Fに相対するのはF・トーレス&金崎擁する鳥栖
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010002-goal-socc

    【【サッカー】<J1展望>川崎フロンターレ×サガン鳥栖|川崎守備陣の警戒を掻い潜り、F・トーレスが初ゴールなるか!?】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/08/15(水) 11:45:43.95 ID:CAP_USER9.net
     クリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で号砲が鳴ったこの夏の移籍市場だが、大物選手の動向については、ほぼ決着がついたというのが大方の見かただ。それでも今月末の移籍期限に向けて、滑り込みでどのようなドラマが繰り広げられるのか、最後まで見逃せない。

     日本人に関していうと、乾貴士(エイバル→ベティス)、大迫勇也(ケルン→ブレーメン)、原口元気(デュッセルドルフ→ハノーファー)ら、主だった選手はW杯前に新天地を決めていた。

     余談になるが、これには、W杯で日本代表がさほど好成績を残すとは考えられず、そこでの活躍が年俸アップにつながることはないだろうという判断も関係したようだ。だが、これによってW杯で過度なアピールをする必要がなくなったため、チームプレーを重視する日本代表のスタイルにはプラスに働いたように思える。

     一方、W杯前から取りざたされていた香川真司(ドルトムント)のフェネルバフチェ(トルコリーグ)移籍の話はなくなったようだ。

     そもそも、香川のトルコ行きは、キッカー誌、ビルト紙、あるいは地元紙のルールナッハリヒテンなど、ドイツのメディアでは、ほとんど報じられていなかった。日本に伝わってきたのは、ドルコメディアをニュースソースにした情報ばかり。

     日本では、ガラタサライで長友佑都が生き生きとプレーし、ポジティブな発信をしていることから、仲のいい香川も……という受け止め方があるのかもしれないが、あまり信ぴょう性のないものだったと見るしかない。

     ドイツ人にとって、トルコリーグへ移籍するということは日本人が思っているよりも抵抗がある。トルコを選択するというのは、よほど現所属チームとソリが合わないか、金銭的に折り合いがつかず、しかも他の欧州主要リーグで獲得される見込みがない場合に限られると言っていい。

     したがって、トルコへの移籍は、基本的にはキャリアの終盤に差しかかっていることを意味する。フィオレンティーナからベシクタシュに移ったものの、その後、ブンデスに復帰、ヴォルフスブルク、シュツットガルトでプレーして輝きを取り戻し、ドイツ代表に返り咲いたマリオ・ゴメスなどは例外中の例外だ。29歳の香川がフェネルバフチェに行くというのは、いまひとつ想像しがたいものがあるのだ。

    とはいえ、ドルトムントが若返りを考える時期に入っていることは確かだ。

     この夏はソクラティス・パパスタソプーロスがアーセナルへ、アンドリー・ヤルモレンコがウェストハムへ、アンドレ・シュールレがフラムへ移籍。中堅、ベテランが去っていった。また、昨季チェルシーからレンタル移籍中だったミシー・バチュアイはバレンシアへと移籍した。

    つづく

    8/15(水) 6:40配信 sportiva
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180815-00010000-sportiva-socc

    写真

    【【サッカー】<香川真司>トルコ移籍は消滅も…新しい動きがあるかもしれない。まだまだ今夏の移籍市場における香川から目が離せない。】の続きを読む

    このページのトップヘ