1 :nita ★:2018/10/26(金) 07:58:20.07 ID:CAP_USER9.net
    2018年10月26日 朝刊

     文部科学省が二十五日に発表した全国の学校での二〇一七年度のいじめ認知件数が、過去最多を更新した。各地で続く、理不尽ないじめ。埼玉県川口市の市立中学校でいじめを受け、自殺未遂を三度繰り返した三年男子生徒(15)は、一年生からつづった日記を本紙に示した。いじめに向き合わない学校や市教育委員会への不満と絶望があふれている。車いす生活となった生徒は「学校は、僕のような子どもを増やさないで」と願っている。 (柏崎智子)

     「ぼくは、サッカー部の友だちからいじめられている」(一六年九月一日)

     男子生徒や母親によると、いじめは入学直後から始まった。悪口や仲間外れ、かばんが踏み付けられ、筆記用具を折られた。いじめる生徒や保護者と話したいと担任教師らに頼んだが実施されなかった。二学期に入り、生徒は日記のコピーを担任に渡した。口下手な生徒が出した精いっぱいのSOSだが、学校が解決に動く気配はなかった。五回目に渡した日記には、自宅へ電話してきた教頭に転校を勧められたと書き「ぼくはやっぱり中学校にいたら迷惑な生徒なんだな(中略)この世にもいてはいけない」とつづった。

     九月十八日に「母さんごめんなさい」と書いた翌日、自室で首をつった。命は助かったが、不登校に。十月二十六日には「先生たちは何もしてくれない。口だけ。電話もない」と書き、再び自殺を図った。翌月、学校から「いじめアンケートをしたが、いじめはなかった」と電話があった。

     母親は睡眠時間も削って見守ったが、生徒は二年生初日の一七年四月十日、発作的に近所のマンションから飛び降りた。頭や太ももなどを骨折する大けがをし、病院へ来た校長がやっと「いじめとして対応する」と母親に告げた。しかし、話し合いの場はなかなか実現しない。一八年三月、先輩の卒業が間近になり、男子生徒の焦りは募る。

     「くるしいくるしいくるしいくるしい」「いじめられていた時から時間が止まってる」「先輩たちは卒業した これでいじめられたことは隠してごまかしてなかったことにされるんだ」

     六月に学校がようやく話し合いの場をつくったが、出席者は当事者の一部だけ。ある保護者からは「自殺未遂を人のせいにするな」と暴言も受けた。

     いじめを認めてもらい、相手と話し合い、学校へ安心して通える環境を取り戻すという生徒の望みはかなっていない。母親は「早く対応してくれれば、こんなに傷つかずに解決できたはず」と憤る。市教委は「第三者委員会を設置して検証している」とするが、母親は「委員会がどんなメンバーかなど、一切説明がない」と話している。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201810/CK2018102602000129.html

    【「ぼくは、サッカー部の友だちからいじめられている」「くるしい…」絶望の日記 自殺未遂3回、川口の中3男子】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/26(金) 06:18:02.50 ID:CAP_USER9.net
     Kリーグは闘志まで失ってしまったのか――。

     24日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦で、水原三星(韓国)が鹿島アントラーズ戦で3-3と引き分け、2戦合計6-5で鹿島に敗れた。

    【写真】「反日感情が高まっている」と韓国紙指摘! 鹿島の韓国人GKクォン・スンテ、水原三星FWに衝撃の頭突きの決定的瞬間

     この試合内容と結果を韓国メディアのニュース総合サイト「ジョイニュース24」は、「闘志まで上回られたKリーグ、基本的な技術の違いが(勝負の)分かれ目」と見出しを打ち、KリーグとJリーグのサッカースタイルついて報じている。

     鹿島が1点リードした展開から、水原が後半の8分間で3得点を決めたが、そのあとの2失点。逃げ切れなかった水原三星について「問題とされていた守備は、鹿島のボール回しを止められず、一瞬にして崩れ去った」と伝えた。

     特に同サイトが注視したのは「鹿島の追撃はどこかで見たような姿だった。まさに韓国サッカー固有のスタイルだったということだ」と、フィジカル重視のスタイルが目を見張ったというのだ。

    「鹿島はベスト16、ベスト8に勝ち進みながら、体を張った試合を展開した。その結果、水原三星との第1戦では終了間際にゴールを決める底力を見せた。落ち着いて水原三星の弱点をパスで崩した」

     また、同サイトは現場で試合を観戦したKリーグコーチのコメントも掲載しており、鹿島戦を次のように分析している。

    「Jリーグも闘志や精神力の面で、以前と比べて大きく変わった。そうなった場合、基本的な技術や個人能力の差になってくるが、鹿島はブレることがなかった。これはKリーグ全体と韓国サッカーが看過してはいけない部分だ。中国は巨額の投資でAクラスの選手を呼んでレベルを上げ、日本はしっかりした基礎技術でレベルを上げている。Kリーグだけ右往左往しているようにも見えて、とてももどかしい部分がある」

     鹿島と水原三星の死闘から韓国側から見えてきたもの。それは日本のサッカーがよりタフになり、全体的なレベルの向上を印象付ける試合だったようだ。

    10/26(金) 6:01 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00143763-soccermzw-socc

    写真

    【<ACL>Kリーグは闘志まで失ったのか?観戦したコーチが分析 「日本はしっかりレベルを上げ、Kリーグだけ右往左往」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/26(金) 06:28:58.73 ID:CAP_USER9.net
    左から中島、堂安、香川、本田。話題に事欠かないメインキャストたちの“現在値”は?

    2018年10月25日付けとなる、日本人フットボーラーの最新版「推定市場価格」ランキングをお届けしよう。全世界のプロフットボーラーを対象に推定市場価格を算定しているドイツの移籍情報専門サイト『transfermarkt』。そのデータを基に、導き出されたトップ100だ。
     
     ロシア・ワールドカップ前は不動のトップ3だった、香川真司、岡崎慎司、吉田麻也だが、この数か月で上位陣の顔ぶれは様変わりした。新生・日本代表の勢いをそのままに、若きサムライたちが食い込んできている。
     
     それでもトップの座を譲らなかったのが香川だ。今シーズンはドルトムントで出番に恵まれないこともあって評価を下げており、2017年2月からキープしてきた1300万ユーロが1100万ユーロ(約14億3000万円)にダウン。ニューカッスルへの移籍で評価額を1000万ユーロ(約13億円)にグッと伸ばした武藤嘉紀に肉薄されているものの、かろうじて1位を堅持した。
     
     フランスのリーグ・アンで指折りのサイドバックとの定評を得ている酒井宏樹はワールドカップ後にさらに評価を高め、自身最高の800万ユーロ(約10億400万円)に到達。同額で3位タイにジャンプアップしてきたのがほかでもない、日本代表で新10番を背負い、ポルトガル・リーグで出色のパフォーマンスを連発している中島翔哉だ。いまやブンデスリーガやプレミアリーグの中堅クラブが獲得に本腰を入れているとされ、冬の移籍市場を騒がせるだろう注目銘柄となっている。

     中島とともに冬の移籍市場でステップアップを果たしそうな堂安律は、250万ユーロ(約5億7500万円)。やや低めの印象ながら、20歳という年齢と欧州挑戦2年目という状況を考えれば、まずまずの評価と言えるだろう。チーム内では4番目の数値であり、昨年夏の入団時からは3倍に膨れ上がっている。

    つづく

    10/26(金) 6:10 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00049337-sdigestw-socc

    【<「日本人フットボーラー推定市場価格」トップ100!>トップの座は香川が堅持!移籍市場を賑わす中島、堂安の評価額は?】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/26(金) 01:20:35.59 ID:CAP_USER9.net
    強さを認めつつも守備重視の戦術は「好きになれない」と告白

    元スペイン代表の司令塔MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のスタイルについて言及。「批判しているわけではないが…」と前置きしたうえで、「私はあのフットボールを楽しめない」と語った

     モウリーニョ監督率いるチームは、これまで欧州各国で成功を収めてきた。ポルトでUEFAカップとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制し、インテルではセリエA、CL、コッパ・イタリアの3冠をイタリアのクラブとして初めて成し遂げた。チェルシーやレアル・マドリードでも数々のタイトルを獲得し、モウリーニョ監督は現代サッカーの最高の監督の一人に数えられる。

     そんな名将のスタイルに異を唱えるのは、元バルセロナのシャビだ。モウリーニョ監督のチームと何度も対戦経験がある司令塔は、「モウリーニョは非常にディフェンシブな監督だ。彼のインテルとの対戦は簡単じゃなかった」とその強さを認めつつも、守備を重視する戦術は好きになれないと伊紙「コリエレ・デロ・スポルト」に対して明かした。

    「あれは彼のスタイルで、チェルシーやレアル・マドリードでもそうだった。彼はディテールにこだわり、ギャップをなくし、相手にスペースを与えなかった。私はそれとは違ったフットボールが好みだ。批判しているわけではないが、私はあのフットボールは楽しめないし、自分のチームではああいった振る舞いをすることはないだろう」

     今季限りで引退し、指導者への転身を明言しているシャビ。バルサで一時代を築いたレジェンドがどのようなチームを作るのかは見ものだが、モウリーニョ監督とは全く異なるアプローチを取ることは間違いなさそうだ。
    「あのフットボールは楽しめない」

    10/25(木) 17:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00143354-soccermzw-socc

    【<シャビ>“モウリーニョ戦術”に異議!「あのフットボールは楽しめない」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/26(金) 01:11:11.10 ID:CAP_USER9.net
    今季のチャンピオンズリーグ(CL)では、イタリア勢の好調が続いている。グループステージ第3節まで消化して、1クラブの1試合平均獲得勝ち点数はイタリア勢がトップだ。『Opta』が伝えている。

     現地時間23日と24日にCLグループステージ第3節が各地で行われた。イタリア勢はユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに勝利し、ローマはCSKAモスクワに3-0と快勝。ナポリはパリ・サンジェルマンと2-2のドローで、インテルはバルセロナに0-2で敗れている。

     第2節で15年ぶりとなる全勝を飾ったイタリア勢は、充実のシーズンを過ごしていると言える。イタリア勢の1試合平均獲得勝ち点は2.17となっており、国別でトップだ。

     2位はスペイン(アトレティコ・マドリー、バルセロナ、レアル・マドリー、バレンシア)とドイツ(ドルトムント、シャルケ、バイエルン、ホッフェンハイム)で1.92。ポルトガル(ポルト、ベンフィカ)が1.67で続き、イングランド(トッテナム、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド)が1.42、オランダ(PSV、アヤックス)が1.33と続いている。

     イタリア勢は現在、ユベントスがグループHで首位を快走中。インテル、ナポリ、ローマはそれぞれのグループで2位につけており、全4チームの決勝トーナメント進出も不可能ではない状況だ。

    10/25(木) 22:53 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00294600-footballc-socc

    写真

    【<CL好調イタリア勢>獲得勝ち点国別トップをキープ!全4チームの決勝トーナメント進出も不可能ではない状況】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/26(金) 01:34:55.09 ID:CAP_USER9.net
    J2、J3リーグにおいて、21歳選手の出場を義務付ける案が浮上していることが分かった。25日、理事会後の会見で村井満チェアマンが明かした。

     Jリーグはルヴァン杯において、17シーズンより各クラブに21歳以下の選手の1名以上の出場を義務付けているが、J2やJ3での導入については現場からも意見が出ているのだという。

     村井チェアマンは「若手の起用を義務化したり、外国籍選手も含めて競争をもう一段上げてみてはどうかといった議論がされた」と説明すると、「レギュレーションで義務付けるのか、出場時間に応じてインセンティブを加算するような方式にするのか」といった議論が必要になると付け加えた。

    また「Jリーグが育成に舵を切るという覚悟は揺るぎない。その中で出てきた案なので、具体性は高い」とも話した。

    10/25(木) 19:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-03555785-gekisaka-socc

    【<Jリーグ>J2やJ3での21歳以下選手の起用義務化議論開始!】の続きを読む

    1 :数の子 ★:2018/10/25(木) 22:37:11.58 ID:CAP_USER9.net
     ガラタサライは25日、前日24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で負傷交代した日本代表DF長友佑都が、肺気胸と診断されたことを発表した。全治については明かされていない。

     長友はホームで開催されたグループリーグ第3節のシャルケ戦(0-0)で先発出場。しかし、後半35分にMFダニエル・カリジウリのクロスをブロックした直後、胸を押さえて仰向けに倒れ込み、呼吸が苦しそうな様子を見せた。チームはすぐに長友を下げ、DFオメル・バイラムを投入。長友はその後、検査を受けるために病院へ向かったと伝えられていた。

     クラブ公式サイトによると、長友の診断結果は肺気胸。全治などの詳細は不明となっており、入院して治療する必要があるかどうかは今後明らかになるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-03564907-gekisaka-socc

    【“呼吸困難”で途中交代の長友、クラブが診断結果を発表】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/25(木) 20:19:47.34 ID:CAP_USER9.net
     海外サッカーのトルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都が24日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ・シャルケ(ドイツ)戦にスタメン出場。後半には途中交代となったが、試合中に演じた華麗な股抜きが大会公式の「本日のベストスキル」に選出された。動画付きで公開され、海外ファンに「ファンタジー溢れるプレー」「偉大なサムライだ」などと喝采を呼んでいる。



    【動画】「ファンタジー溢れるプレー!」と海外ファン恍惚! 欧州CLが「本日のベストスキル」に選出した長友の“魅惑の股抜き”の実際の瞬間
    https://the-ans.jp/news/41385/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=41385_6


     無尽蔵のスタミナと突破力を武器とする長友な華麗なテクニックで見せた。欧州CLが脚光を浴びせたのは長友が左サイドライン際でボールを持った場面だ。素早くシャルケMFダニエル・カリジウリがチェックに来ると、背番号55が魅せた。左足でワントラップしたボールを右足にすぐに当て、相手と体をぶつけながら股の下を抜き、そのまま置き去りにしてみせたのだ。

     大会公式インスタグラムは「ナガトモがスターボールをトンネルに通し、スキル・オブ・ザ・デイに選出!」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。魅惑のテクニックに海外ファンが反響を寄せた。

    「ザ・ラストサムライ!」
    「素晴らしいプレー」
    「ファンタジー溢れるプレー」
    「とんでもない選手だ!」
    「なんてスキル」
    「とてもスマートなプレー」
    「偉大なサムライだ」
    「最も好きな日本人プレーヤー」
    「彼はレジェンド」

     コメントが殺到し、公開から3時間あまりで再生回数は35万回を突破。「スキル・オブ・ザ・デイ」には今季、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールらも選ばれており、世界の名手に肩を並べた。

     試合は後半35分に相手のクロスボールが体に当たった直後に途中交代となり、試合は0-0で引き分け。それでも、長友が演じた華麗なテクニックは熱戦が繰り広げられたこの日の欧州CLでも際立っていた。

    10/25(木) 11:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00041385-theanswer-socc

    【<長友佑都>“魅惑の股抜き”がチャンピオンズリーグ「本日のベストスキル」に選出!「ザ・ラストサムライ!」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/10/25(木) 19:49:43.48 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会(JFA)は25日、天皇杯の日程が変更された場合、J1参入プレーオフ決定戦の日程が変更される可能性があると発表した。

     鹿島アントラーズがACLで優勝した場合、AFCの代表として12月12日から22日にかけて行われる2018 FIFAクラブワールドカップ UAEに参加することになり、同クラブが天皇杯準決勝に進出した場合、日程が重なってしまうため、天皇杯のスケジュール変更が行われる。その場合、天皇杯の準決勝が12月16日から12月5日へ、決勝が12月24日から12月9日へそれぞれ移動する。

     これにより、「鹿島アントラーズがACLで優勝かつ天皇杯で準決勝に進出した場合」、
    「天皇杯準決勝出場クラブがJ1参入プレーオフ 決定戦に進出した場合」の2つの条件を満たした場合、12月8日に行われる予定であったJ1参入プレーオフ 決定戦が12月15日、16日、19日のいずれかの日程に変更される。

     なお、準決勝に進出した浦和レッズ、ベガルタ仙台、モンテディオ山形に加え、準々決勝で鹿島と対戦するヴァンフォーレ甲府の4クラブは、J1参入プレーオフ 決定戦に参入する可能性がある。(鹿島は15位以上が確定)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00853550-soccerk-socc

    【<日本サッカー協会>J1参入プレーオフ決定戦の日程が変更される可能性があると発表!鹿島アントラーズがACLで優勝した場合】の続きを読む

    1 :プーアル ★ :2018/10/25(木) 19:54:44.32 ID:CAP_USER9.net
    【U-19日本 5-0 U-19イラク AFC U-19選手権グループB第3節】

     25 日に行われたAFC U-19選手権グループB第3節でU-19日本だいひょうはU-19イラク代表と対戦し、5-0の勝利を収めた。

     2連勝ですでにグループ首位通過が決まっている日本は、再びメンバー変更。今大会初出場となった一人、滝裕太が立ち上がりからアピールした。

     開始10分、久保建英がドリブルでペナルティエリアの深い位置に侵入してパスを出すと、滝がヒールで合わせて先制する。

     27分には追加点。滝のスルーパスから荻原拓也が抜け出して左サイドから折り返すと、DFを引きつけた久保がスルーし、フリーの田川亨介が決めた。34分には田川のスルーでパスを受けた原大智が前を向いてシュートを放ち、3-0とする。

     後半に入っても主導権を握ったのは日本。だが、久保が放った鋭いシュートがGKに止められるなど、相手守護神の好守が続いて4点目がなかなか決まらない。

     それでも78分、左からのCKに原がヘディングで合わせて4-0。85分には途中出場の斉藤光毅が3試合連続となる得点で5点差として勝負を決めた。

     準々決勝に進んだ日本は28日、グループAを2位で突破したインドネシアと対戦する。

    【得点者】
    10分 1-0 滝裕太(U-19日本)
    27分 2-0 田川亨介(U-19日本)
    34分 3-0 原大智(U-19日本)
    78分 4-0 原大智(U-19日本)
    85分 5-0 斉藤光毅(U-19日本)

    https://www.footballchannel.jp/2018/10/25/post294586/

    【U-19日本、層の厚さ見せつけイラクに5-0完勝。準々決勝はインドネシアと】の続きを読む

    このページのトップヘ