1 :Egg ★:2018/12/27(木) 13:02:34.14 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズは27日、横浜F・マリノスよりFW伊藤翔(30)が完全移籍で加入することを発表した。

     “和製アンリ”こと伊藤は、中京大中京高を卒業後、フランスのグルノーブルに移籍。2010年6月に清水に加入すると、2014年から横浜FMに活躍の場を移した。今季はJ1リーグ26試合で8得点を記録。ルヴァン杯でも9試合で8ゴールを奪った。

     アジア王者への移籍に際して伊藤は「アジアチャンピオンクラブに加入でき、非常に光栄に思っています。タイトル獲得の力になれるよう身を粉にして頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と気持ちを新たにした。

     また、5シーズン在籍した横浜FMを通じては「マリノスに関わる全てのみなさん、ありがとうございました。お世話になりました。今年は厳しいシーズンになってしまい申し訳ありませんでした。

    また、タイトルまであと一歩というところで掴み取る事ができなかったのも悔いしか残っていません」と語ると、「ネガティブな感覚になった事もありましたが、その度にサポーター、選手、強化部、スタッフに助けられ、 マリノスで充実した時間を過ごすことができました。

    マリノスは大好きなクラブでしたが、サッカー選手として、人間として、さらに成長するためにこの決断に至りました。

    リリースだけではなかなか全部を伝えられませんが、この決断を尊重してくれた強化部、選手、スタッフには感謝しています。頑張ってきます」と挨拶した。

    12/27(木) 11:20配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-12657170-gekisaka-socc

    【サッカー】<元日本代表FW李忠成>横浜Fマリノスに完全移籍!浦和レッズと契約更新叶わず「残念ながら契約更新はありませんでした」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545882893/

    【<“和製アンリ”伊藤翔>アジア王者・鹿島アントラーズへの移籍決定!横浜FMへ「頑張ってきます」と挨拶】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/12/27(木) 13:11:17.44 ID:CAP_USER9.net
     来年1月にUAEで開催されるアジアカップを前に、韓国メディアが若返りを図っている日本代表に注目している。

     韓国紙「国民日報」は「日本代表は若返った。チームの平均年齢は26.1歳。ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場したナイジェリア代表の平均年齢が25.9歳で、参加国中、最も若かったが、日本もそれと大きな差がない」と報じた。

     また、森保一監督が2022年カタールW杯に向けて描く構想についてもまとめ、「アジアカップメンバーに含まれた23人のうち、11人が25歳以下の選手だ。ロシアW杯に出場した選手と比較すると、平均年齢が2歳も縮まった。その時、活躍したベテラン選手はほとんど除外された」と伝えている。

     同紙が強調したのは、こうした年齢の違いだけではない。

    「本田圭佑と長谷部誠をはじめ、香川真司、岡崎慎司、乾貴士などは今回のアジアカップに出ない。彼らはこれまで日本代表の中心選手だったベテラン。すべて欧州でプレーする選手たちだ」と現状を伝えつつ、「それでもアジアカップ通算4度優勝の日本は、依然として強力な優勝候補だ」と日本の実力を警戒している。

     そのうえで、日本は絶対に負けられない相手だと強調している。

    「イラン同様、日本は韓国にとって警戒対象の一番手。ただ、韓国は日本に借りを返さないといけない。2011年カタール大会の時、準決勝で日本に敗れて、決勝に上がれなかった。日本はこの試合でオーストラリアを破り優勝を手にした。しかも同大会がパク・チソンとイ・ヨンピョなど、韓国サッカーにおけるレジェンドたちの代表チームの惜別の舞台だった」と2大会前の記憶を振り返りつつ、今大会で雪辱を果たさなければいけないと締めくくっている。

    12/27(木) 6:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00157090-soccermzw-socc

    【<アジア杯の“雪辱”誓う韓国メディア>「日本は警戒対象の一番手」「韓国は日本に借りを返さないといけない」】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/12/27(木) 13:11:58.79 ID:CAP_USER9.net
    最初はテレビを通じて家のリビングにとどろいていた「ゴーーーール」という歓声は、やがてストリートでも聞こえるようになり、徐々に「ストライク!」のコールに取って代わりつつある――。最近キューバではサッカーが子どもたちの心をつかんでおり、国内最大の人気スポーツとして野球を脅かそうとしている。

     40年にわたり野球の若手有望株を指導しているハンベルト・ニコラス・レイエスさんは、「サッカーは以前、底辺の存在だったのに、今では国技としてトップの地位まで上りつつある」と諦めた様子で話した。

     レイエスさんは、米大リーグのスター選手であるヨンダー・アロンソや、元選手のアレックス・サンチェス氏らを若手時代に指導した経歴があり、そのことを誇りにしている。しかし最近は、子どもたちにグローブを使った捕球の仕方を身振りで教えても、「ほとんどの子どもたちがサッカーの方にいってしまう」とこぼした。

     2020年東京五輪では野球が実施競技として12年ぶりに復活するにもかかわらず、キューバでサッカー人気が加速している現状には目を見張るものがある。1959年にフィデル・カストロ元国家評議会議長が革命を起こして以降、野球は陸上やボクシングと並び母国の外交的切り札となっており、五輪で通算3度のタイトル獲得を果たしているほか、IBAFワールドカップでも計25回の優勝を成し遂げた。

     ところがストリートでは、今やサッカーが新たな王者になりつつある。

     サッカーのキューバ代表チームを率いるラウル・メドロス監督は、ペドロ・マレーロ競技場で選手の練習を見守りながら、「最近の子どもたちや若者は、野球よりサッカーを始めたがる傾向にある」と話した。

    以前は珍しかったが、今では人々が早起きして欧州サッカーの試合をテレビで観戦したり、子どもたちがリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドの名前入りユニホームを着てストリートサッカーをしたりすることが当たり前となっている。

     19歳の学生アスリートであるアレハンドロ・イスキエルドさんが「僕たちは、どこであろうともプレーできる」と話すように、キューバ革命の英雄エルネスト・チェ・ゲバラのネオンサインが光る壁の下では、ユース選手が夜間練習を行っていた。

     サッカーのキューバ代表がW杯でプレーしたのは1938年フランス大会の一度きりとなっており、イスキエルドさんは母国のW杯本大会出場を夢見ていると話した。

    ■野球が「締め出されている」

     昔ながらの野球ファンを抑え、キューバでサッカーフィーバーが巻き起こっている背景には、テレビ局の役割が大きい。65歳の野球ファンであるエドゥアルド・メディナさんは、「午後2時には野球が8試合行われているのに、どれもテレビ中継されていない。代わりに、FCバルセロナの試合がやっている」と明かした。

     キューバ野球の聖地であるエスタディオ・ラティーノアメリカーノの観客席から、同国サッカーリーグのラ・ハバナとラス・トゥナスの試合を見下ろしながら、メディナさんは「これが何を物語るかって? サッカーが徐々に野球を締め出しているんだ」と話した。

     キューバでサッカーW杯が放送されるようになったのは1982年スペイン大会の録画中継からで、やがて1994年米国大会からは生中継に進化。今では欧州の主要リーグや欧州チャンピオンズリーグの試合も放送されている。

    一部抜粋

    12/26(水) 10:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000009-jij_afp-socc&p=1

    1 Egg ★ 2018/12/26(水) 11:48:18.44
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545829336/

    【<「キューバ」で若者に人気のサッカー>国技の野球を脅かす存在に「サッカーが徐々に野球を締め出しているんだ」★4】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/12/27(木) 12:54:53.53 ID:CAP_USER9.net
    横浜F・マリノスは27日、浦和レッズより元日本代表FW李忠成が完全移籍で加入することを発表した。

    Jリーグへやってくる可能性も?2019年に契約満了となるトッププレーヤーたち

    FC東京アカデミー出身の李は、現在33歳。04年のトップチーム昇格後、05年に柏レイソルに加入し、5シーズン過ごしたあとに09年から3シーズンサンフレッチェ広島に在籍。11年のアジアカップでは日本代表に選出され、決勝のオーストラリア戦では値千金の決勝ボレーを決めた。アジアカップでの活躍が認められ、イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに完全移籍を果たした。しかし、出場機会を満足に得ることができず、13年にFC東京へレンタルで復帰。その後サウサンプトンへ復帰したが、リーグ戦での出場はなく、14年に浦和へ加入した。今季はリーグで20試合に出場し、3得点をマークしている。

    浦和での5シーズンで、JリーグYBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ、天皇杯と3つのタイトルを獲得した李は、浦和残留を望んでいたが契約更新に至らなかったことを明かした。

    「2019年もそんなチームでみなさんと共に戦い、Jリーグ・ルヴァン・天皇杯・ACLと全てのタイトルを獲り、また喜びを共に分かち合いたかったのですが、残念ながらレッズからの契約更新はありませんでした」

    その中で複数クラブのオファーを受け、最終的に横浜FMを選んだことを明かした。

    「サッカー選手として次に進む道を考えなければいけない中、複数のクラブのお話の中から横浜F・マリノスの一員として共に戦うことを決めました。僕は、サッカーが好きです。体が動かないと自覚するそのときまで僕はサッカーをやっていたい。1パーセントの妥協なくサッカー選手として日本一に向かって全力でプレーするのみだとそのとき決意しました」

    最後に「1人でも多くの人たちと夢をみるすばらしさと、実現する喜びを共有できたら嬉しく思います。 本当にこの5年間すばらしい時間をみなさんと歩めたことを幸せに思います。ありがとうございました」と感謝の言葉を記した。

    また、李は横浜FMの公式サイトを通じて、新シーズンへ並々ならぬ決意を述べている。

    「伝統あるチームでプレーできることに自分自身への期待と責任を感じています。監督、GMからの「日本一を獲る」という熱い思いを伺ったとき、過去僕が感じた感動がまた身体を駆け巡るのを感じました。僕にできることは、今まで培ってきた経験をプレーだけではなく、精神面でもチームに還元していくことだと思っています。一ミリの妥協もなく、日々練習に取り組み、試合ではチームの勝利に貢献できるよう、持てる限りの力を発揮していきたいと思います。

    夢を持つ素晴らしさと、それを実現する大きな喜び、マリノスに携わる全ての方々と共に感動したいと、今はその一心でいます。一日も早くマリノスの一員と認められるよう全力で走っていきます。2019シーズンより、「横浜F・マリノス 李忠成」に熱い応援、お願いいたします。熱い応援に全力で応えて行きたいと思います!」

    横浜FMは同日に、FW伊藤翔が鹿島アントラーズへ完全移籍すると発表。さらに、ウーゴ・ヴィエイラやオリヴィエ・ブマルの契約満了も決定しており、前線の補強が急務だった。

    12/27(木) 12:17 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010011-goal-socc

    【<元日本代表FW李忠成>横浜Fマリノスに完全移籍!浦和レッズと契約更新叶わず「残念ながら契約更新はありませんでした」】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★:2018/12/27(木) 08:39:46.14 ID:CAP_USER9.net
    【アタランタ 2-2 ユベントス セリエA第18節】

    現地時間26日に行われたセリエA第18節でユベントスはアタランタとアウェイで対戦し、2-2の引き分けで試合を終えた。

    首位を独走するユベントスは、クリスティアーノ・ロナウドを初めて先発から外して温存するが、開始早々にリードを奪った。
    2分、左サイド低めの位置からアレックス・サンドロがクロスを入れると、DFに当たったボールがゴール前へ
    このボールに反応した仲間はいなかったが、回転がかかったボールをDFがクリアミス。
    そのままゴールに入ってユベントスが先制する。

    しかし、アタランタがここから反撃。24分、好調サパタが反転シュートを決めて5試合連続得点を達成し、1-1で折り返した。

    後半の立ち上がり、ユベントスはさらに厳しい状況に追い詰められる。
    53分、ベンタンクールが2枚目のイエローカードで退場となると、56分にはCKからアタランタに逆転弾を決められた。

    57分にピャニッチを投入したユベントスは、65分に温存していたC・ロナウドも送り出し、10人で前に出る。

    すると78分、C・ロナウドがチームを救った。
    CKでゴール前の混戦になると、背番号7がヘディングで押し込んで2-2の同点となる。

    ユベントスは白星を逃したものの、今季リーグ戦初黒星を回避。10人で勝ち点1を手にした。

    【得点者】
    2分 0-1 オウンゴール(ユベントス)
    24分 1-1 サパタ(アタランタ)
    56分 2-1 サパタ(アタランタ)
    78分 2-2 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00302628-footballc-socc
    12/27(木) 0:56配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163420.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.youtube.com/watch?v=1SqpwhAxdTI
    Gol de Cristiano Ronaldo Atalanta x Juventus

    https://www.youtube.com/watch?v=j3spk7B70lo
    Cristiano Ronaldo vs Atalanta HD 2018 | Match Overview

    https://www.youtube.com/watch?v=gaYsaeVUbpM
    Atalanta 2-2 Juventus | Ronaldo Scores Dramatic Equaliser For 10-Man Juve | Serie A

    【セリエA第18節 C・ロナウド温存で初ベンチも1得点。途中出場でユーベ今季初黒星回避に貢献 18試合12得点】の続きを読む

    1 :砂漠のマスカレード ★:2018/12/27(木) 08:43:02.02 ID:CAP_USER9.net
    湘南がJ1仙台のMF古林将太(27)に正式オファーしていることが26日、明らかになった。
    古林は湘南の下部組織出身で10年にトップチームに昇格。16年に名古屋に移籍し、17年途中で仙台に加入していた。
    豊富なスタミナと正確なクロスが武器で、ハードワークが身上の「湘南スタイル」にも合致する。
    湘南では攻撃的MFやウイングバックを主戦場にするMF高山薫(30)のJ2長崎への移籍が濃厚で、サイドの補強が急務だった。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/27/kiji/20181226s00002179244000c.html
    2018年12月27日 05:30

    【湘南 下部出身仙台MF古林獲り「湘南スタイル」に合致】の続きを読む

    1 :悪魔のいけにえ ★:2018/12/27(木) 08:55:42.52 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグは26日に第19節が各地で行われた。

    6位マンチェスター・ユナイテッドは、19位ハダースフィールドと対戦。スールシャール監督の本拠地オールド・トラッフォード凱旋試合となった一戦では、28分にマティッチのゴールでホームチームが先制。その後ポグバが2ゴールを挙げ、反撃を1点にとどめ、3-1で勝利を収めた。


    3位トッテナムは、7位ボーンマスにホームで5-0と大勝。16分にエリクセン弾でリードを手にすると、その7分後に絶好調ソン・フンミンがボックス手前からミドルシュートを叩き込み追加点。
    韓国代表FWにとっては2試合連続、直近7試合で6ゴール3アシストを記録している。
    その後2点を追加して迎えた70分、ソン・フンミンは自身2ゴール目を記録。トッテナムは5-0と大勝を収めた。同日に敗れたマンチェスター・シティを交わし、2位に浮上している。

    その他、11位エヴァートンは18位バーンリーに5-1で勝利。
    14位クリスタル・パレスと17位カーディフの一戦は、スコアレスドローとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000026-goal-socc

    【 絶好調ソン・フンミン2試合連続2発!トッテナムが2位浮上…マンチェスター・Uは連勝/プレミアリーグ第19節まとめ】の続きを読む

    1 :pathos ★ :2018/12/27(木) 07:44:34.33 ID:CAP_USER9.net
    毎年クリスマスの翌日、26日の“ボクシング・デー”に試合が行われるプレミアリーグ。他リーグはウィンターブレイクに入る中、イングランドではクリスマス翌日~年始にかけて中1~2日で連戦が続くなど、シーズンで最も過密な日程が続くことになる。

    そんな伝統の“ボクシング・デー”で、今季未だ無敗で首位を走るリヴァプールは、本拠地アンフィールドにニューカッスルを迎えた。リヴァプール時代にチャンピオンズリーグ制覇を達成したベニテス監督にとっては、かつてのホーム凱旋試合となっている。

    リヴァプールはサラー、マネ、フィルミーノ、シャキリを同時起用。ニューカッスルでは、武藤嘉紀が第11節以来8試合ぶりに先発出場を果たした。

    試合序盤は武藤がドリブルで持ち運ぶシーンが何度かあったが、やはり主導権はリヴァプール。11分には、CKのこぼれ球をロブレンが叩き込み、先制点を手にする。前半はリヴァプールが圧倒し、1-0で折り返す。

    後半開始早々、リヴァプールは追加点を奪うことに成功。ドリブルで仕掛けたサラーが倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めて2点目を奪った。サラーは2試合連続、得点ランク首位に並ぶ12ゴール目となった。

    その後も圧倒するリヴァプールは、ほとんどの時間相手陣内でプレーする。79分にはシャチリが3ゴール目。さらにファビーニョが追加点を奪い、相手に反撃を許さず4-0で快勝を収めた。

    開幕から無敗を継続するリヴァプールは、19節終了時点で勝ち点「51」に到達。首位をキープしている。

    ■試合結果
    リヴァプール 4-0 ニューカッスル

    ■得点者
    リヴァプール:ロブレン(11分)、サラー(48分)、シャチリ(79分)、ファビーニョ(85分)
    ニューカッスル:なし
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000024-goal-socc

    【首位リヴァプールが4発快勝で無敗継続!武藤8試合ぶり先発のニューカッスルを圧倒/プレミアリーグ第19節】の続きを読む

    1 :pathos ★ :2018/12/27(木) 07:52:07.29 ID:CAP_USER9.net
    14分にB・シルバのゴールで先制したマンCだったが、その5分後にオルブライトンに同点弾を奪われ、前半は1-1で折り返す。後半もボールを保持して試合を進めるが、固い守備を見せるレスターを崩しきれない。

    すると81分、耐え続けていたレスターが逆転に成功。CKのこぼれ球から、ペレイラがボックス外から豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

    苦しい展開となったマンCは、89分にデルフが危険なタックルで一発退場に。更に厳しい状況に追い込まれる。

    試合はこのまま終了。マンCは前節のクリスタル・パレス戦(2-3)に続き、連敗となった。なお、岡崎慎司は88分から途中出場を果たしている。

    マンCは前節に続き連敗を喫し、同日に勝利したトッテナムにかわされ3位に転落。首位リヴァプールとの差は「7」に広がった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000025-goal-socc

    【王者マンチェスター・Cがまさかの連敗で3位転落…レスターがペレイラの豪快弾で逆転勝利!岡崎慎司は88分から途中出場】の続きを読む

    1 :Egg ★:2018/12/27(木) 06:04:03.59 ID:CAP_USER9.net
    春先は怪我に泣かされたが、復帰後はプレミアリーグWESTで12戦5発!

    今夏のSBS杯でU-18パラグアイ代表に招集された松岡。日本国籍も持っているだけに、今後どちらの代表を選択するのか注目が集まる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
     12月26日、名古屋はU-18所属の松岡ジョナタンがトップチームに昇格し、来季は相模原に期限付き移籍をすると発表した。
     
     今季はU-18チームで10番を背負っていた松岡は、強靭なフィジカルと突破力が魅力のストライカー。父がイタリアとパラグアイ、母がパラグアイと日本にルーツを持っていたため、今夏に静岡県で開催されたSBSカップでU-18パラグアイ代表に初招集されるなど、その実力は多方面から評価されていた。
     
     クラブでは怪我の影響でシーズンの序盤戦を棒に振ったが、2種年代最高峰の戦いプレミアリーグWESTでは12試合で5得点を記録。後半戦に輝きを放ち、プロ入りを勝ち取った。
     
     J3の相模原でプロのキャリアをスタートさせる松岡は名古屋を通じて、決意を表明。
     
    「このたび、トップチームに昇格することになり、プロになるという子供の頃からの夢を叶えられ、大変嬉しく思います。プロになれたのは神様、家族、指導してくださったコーチ、サポーターを始め、たくさんの方々に支えていただいからこそだと感じています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
     
     まずは、期限付き移籍先のSC相模原で自分の特徴を磨き、さらに成長して名古屋グランパスのサポーターに愛される選手になれるように努力し、そしてグランパスに関わる皆さまに成長した姿をお見せします。応援よろしくお願いいたします」
     
     松岡は相模原でインパクトを残せるのか注目だ。

    12/27(木) 6:00 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-00051914-sdigestw-socc

    【<名古屋グランパス>U-18パラグアイ代表歴を持つ松岡ジョナタンの昇格を発表!来季は相模原に武者修行へ】の続きを読む

    このページのトップヘ